コピーライティングって、何?~これだけは知っておきたいコピーライティング基礎知識1

今回のテーマは
「コピーライティングって、何?」です。
 
 
最初に結論をいうなら、
「依頼文章法」です。
 
 
「知っているのと違うなー」
 
 
あれ?そうですか?
では、これからそのわけをお話しします。

 
 
まず、
コピーとは、英語で広告文の意味です。
 
 
なので、
直訳すれば「広告文章法」となります。
 
 
つまり、広告によって
「買う」行動をさせるための文章方法です。
 
 
それが、今はその意味が広くなり
売買に限定されない
「行動」全般が対象になりました。
 
 
ですから、コピーライティングを
そのまま広告文章法と理解していると
 
 
「普通の文章を書きたいのに、
なぜ広告の書き方がどうしたとか
いうのか?」
 
 
といった、
「広告」の意味に引きずられて
見当はずれな疑問を持つことになります。
 
 
当初の広告の意味のコピーという言葉を
使ってはいますが、
行動全般の意味であると理解しましょう。
 
 
では、コピーライティング技術を
使った文章と
使わない文章の違いは何でしょうか?
 
 
それは、ただ自分の考えをいう
エッセイなどとは違い、
文章に行動させたい目的があることです。
 
 
行動を依頼するための
いわば依頼文章法なっているのです。
 
 
例えば、直接、売買にはならなくても
「クリックしてください。」
「メールマガジンに
申し込んでください。」という
場合もあります。
 
 
その指示する文章に行くまでに
あなたが行動したくなるように
お膳立てが書かれていますね。
 
 
そのように売買でなくても
コピーライティングのノウハウが使われ、
読み手は行動を促されています。
 
 
したがって、
「コピーライティングって、何?」の
答えは、依頼文章法です。
 
 
ちなみに
「考え」を変えることを依頼される場合も
行動の依頼です。
 
 
「コピーライティングとは、
依頼するための文章方法」を
頭の片隅に置いて、
 
 
文章の「読者に何をさせたいのか?」を
意識して読んでみましょう。
 
 
行動の依頼がある文書は
すべてコピーライティングの技術が
使われています。
 
 
そう考えると
いかに一般的に使われている
文章方法であること、
 
 
そして、文章を書くために
コピーライティング技術の習得をしなくては
始まらないとわかります。
 
 
 
 
 
 
記事内容が「よかった」と思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を知らせることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(1日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。