3つのノット~これだけは知っておきたいコピーライティング基礎知識2

コピーライティングの
最大の敵は読者です。
 
 
なぜなら「3つのノット」で
常に拒否しているからです。
 
 
だからこそ、
「3つのノット」を意識することで
書き手は味方にならなくては
ならないのです。

 
 
3つのノットとは、
●読まない
●信じない
●行動しない
のこと。
 
 
まず、●読まない。
 
 
読まないとは、
「興味がない」こと。
 
 
読者は作者を好きでもありません。
 
 
それに、
読むことが仕事でも何でもありません。
 
 
ですから、
 
 
どうしても文章を書く側の立場では
きっと読んでくれるだろうという
期待を抱きますが
読まないのが普通なのです。
 
 
つぎに●信じない。
 
 
もし、読み手が「読まない」を
乗り越えて、読んでくれたとしたら
つぎの敵は「信じない」です。
 
 
あなたも自分の場合を
思い出してほしいのですが、
 
 
読んだものの中で
「信じた」
「信じられなかった」が
あったはずです。
 
 
その違いは
読み手の「信じたいこと」が
理由になっているか?いないか?です。
 
 
ですが、意識して書かなければ
書き手の「信じたくない」ことなので
「信じない」になります。
 
 
最後に●行動しないです。
 
 
興味を持って読んだ。
 
 
読んだ結果、信じた。
 
 
それでいいことだと
読み手は思った。
 
 
で、その通り行動を変えるか?というと
変えません。
 
 
コピーでいうところの
「買わない」今の行動を
「買う」行動に変えるか?というと
変えません。
 
 
●読まない
●信じない
●行動しない
3つのノットを見て
「これは無理だ」と思うかもしれません。
 
 
しかし、ひとつひとつ
オセロのように裏返すことで
読み手に行動を依頼するのです。
 
 
3つのノットで読み手は抵抗してくる。
 
 
「では、どうするか?」で
コピーは考え、書かれています。
 
 
とても重要ですので、
3つのノットを覚えましょう。
 
 
 
 
 
 
記事内容が「よかった」と思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を知らせることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(1日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です