使わなくてもわかるメリット、使わないとわからないメリット~これだけは知っておきたいコピーライティング基礎知識16

メリットには2種類あることを
知っていますか?
 
 
それは
●使わなくてもわかるメリット
●使わないとわからないメリット
 
 
その違いは
「前よりも」と「今よりも」の違いです。
 
 
だから、「今よりも」である
未来のメリットのほうが
「強い」メリットになります。

 
 
まず、使わなくてもわかるメリットと
言えば、「価格」「デザイン」です。
 
 
例えば、1万円のものが
期間限定5000円であれば
「安いんだな」とすぐわかります。
 
 
「ヨーロッパで支持された
シンプルでカワイイデザイン」と
書かれていて写真があれば、
「確かにそうだ」とわかります。
 
 
つぎに、使わないとわからないメリットと
言えば、
「機能」「使い心地」「結果」になります。
 
 
総じていえば、「特徴」です。
 
 
例えば、機能は
「特別な6層構造。
油をひかなくても焦げ付きません。
だから、料理も後片付けもラクラク」
 
 
使い心地は、
「女性にやさしい
従来品より20%軽量化に成功。
だから、たくさんの料理を作っても
つかれません。」
 
 
結果は、
「料理がおいしいとほめられて、
家族団らんの食事が
たのしくなりました。」
 
 
このように
●使わなくてもわかるメリット
●使わないとわからないメリット
の2種類の例を並べてみてみると
違いがわかります。
 
 
それは、理由が不必要か?
理由が必要か?の違いです。
 
 
特徴を前に出すことで
メリットであるとか
独自の製品であることを証明することは
理由を述べることと同じなのです。
 
 
それで考えるのが
メリット=理由なのであれば
理由のあるメリットとは何なのだろうか?
 
 
ですよね。
 
 
この時に理由ありメリットを
考えるためのキーワードがあります。
 
 
それは、「今よりも」です。
 
 
これを先頭につけて考えましょう。
 
 
「今よりも」期間限定で安い。
 
 
これはおかしいです。
だから、理由のないメリット。
 
 
「今よりも」料理が楽。
 
 
これは成立します。
だから、理由のあるメリット。
 
 
このようにして、
思いついたメリットを整理します。
 
 
そしてさらに使い分けることが
重要になります。
 
 
なぜなら、理由のあることが
購入する必然につながるからです。
 
 
無駄と必然の違いは
判断時点のちがいです。
 
 
無駄遣いとよくいいますが、
それは理由がない買い物だからです。
 
 
おかずが半額で
安いからたくさん買ったはいいけど
食べきれなかったら無駄でしょう?
 
 
理由がないことで
メリット以上のデメリットを
買ってしまったことになるからです。
 
 
さきほど、
「今よりも」期間限定で安い。は
おかしいといいました。
 
 
しかし、
「前よりも」期間限定で安い。
であれば成立します。
 
 
つまり、理由のないメリットは
前と比べての今のメリットになります。
 
 
それと比較して、
「今よりも」の理由のあるメリットとは
判断時点が未来になります。
 
 
将来判断されるべきことを
今判断しようと想像するわけです。
 
 
そう考えていくと、
将来変わる理由が
購入する必然につながる
強いメリットになるのです。
 
 
それは、「変わりたい」が
人間の強り欲求であり、
生存理由であるからです。
 
 
だから、「今よりも」変わることが
大きなメリットになるのです。
 
 
使い分けの方法は、
理由のあるメリットを
メインメリットにします。
 
 
そして、念押しの補助として
理由のないメリット
サブメリットとして使うように
文章を設計してください。
 
 
 
 
記事内容が「よかった」と思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を知らせることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(1日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です