ブログが育つにつれて、育つメディアの力~ちきりん「『自分メディア』はこう作る!」読書感想

古いSF映画で自ら生み出した「怪物」を
コントロールできなくなる科学者の話が
よくあります。
 
 
実は、ブログがその怪物になる可能性があるのです。
 
 
もしあなたのブログが
1日に1万回アクセスされるようになったら
あなたはあなたでいられますか?
 
 


 
 
ひとつ記事を書くと
100も200もコメントが付きます。
 
 
それで、そのうち半分が批判コメントです。
 
 
結構、厳しいですね。
(私なら、取り合いませんが)
 
 
ブログをやっていると
そんなことがあるんですね。
 
 
ちきりん(著)
「『自分メディア』はこう作る!
大人気ブログの超戦略的運営記」で書かれていました。
 
 

 
 
ちきりんさんというと、
元はブログから始まっているそうです。
(私は書籍でしか知りませんでした。)
 
 
最初は10人ぐらいの読者から
今ではひと月に20万人の読者です。
 
 
この書籍の題名に「戦略的」と書かれていますが、
その時その時に対応を考えていて、
全然戦略的でもありません。
 
 
しかし、どの対応を取ったとしても
同じ結果だったのでは?と思います。
 
 
なぜかというと、
 
 
途中からビッグバーンのように
ブログが爆発して怪物になってしまったからです。
 
 
ちきりんさんは
自分でコントロールしているつもりですが、
ブログ自体が勝手に動き始め、
その何十万人の読者のものとなってしまいました。
 
 
私も自分なりのシナリオを描いていますが、
ちきりんさんの書籍を読むと
それも無駄な気になってきました。
 
 
怪物になった暴走するブログを
作った本人が後から追いかけることになり、
結局シナリオどおりではなく
アドリブになってしまうからです。
 
 
書籍の中で書かれていることで面白いのは
そのブレークのきっかけとなった記事は
人の感情を動かす、簡単に言えば
多くの人のカンにさわる内容でした。
 
 
それはただの言葉とは違い
メディアの力を発揮し始めた言葉だったのです。
 
 
メディアとは、信用される言葉です。
 
 
例えば、夕方のテレビニュースで
犯人といわれれば、犯人になってしまいます。
 
 
まだ、裁判もされず
警察の発表しかなくてもです。
 
 
それはテレビが信用されているからです。
 
 
同様にブログが信用され始めたのです。
 
 
だから、ちきりんさんの投稿記事に対して
批判もあり、同意もある
感情を伴った反応が起こります。
 
 
ここで私たちに置き換えてみます。
 
 
たまたま訪れたブログの記事と
有名文化人のブログの記事では
どちらを真剣に読みますか?
 
 
もし有名文化人のほうなのであれば、
それは、書いてあることがいいにしろ、
悪いにしろ、その人が存在していることを
「信用」しているからではないでしょうか?
 
 
極端に言えば、
その人が生きている確証があるからです。
 
 
この書籍を読んで考えた「仮説」は
ブログが爆発する瞬間とは
信用されるというメディア力がついた瞬間です。
 
 
ブログの不思議な力とは「信用」です。
 
 
あなたが読んでいるこの記事を書いている私は
存在していると思いますか?
 
 
写真も名前も性別も違うかもしれませんよ。
 
 
写真の私は
5年前に交通事故ですでに死んでいるかもしれません。
 
 
そういうと、
「ウソだろー」と冗談に取るでしょう?
 
 
なぜですか?
 
 
あなたとは、会ったこともありませんよね。
 
 
それは、ブログを読み続けているうちに
私が存在していて、
私が文章を書いていると信用し始めているからです。
 
 
変な話ですが、自分の生み出した怪物が
私の存在を証明してくれるのです。
 
 
ブログでは感情に入り込んで
信用できる文章を書くことが
メディア力を高めることになります。
 
 
あなたもブログを続ければ、
あなたの怪物があなたが存在することを証明しはじめます。
 
 
記事内容が良かったと思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を届けることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(毎日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。