編集者のように考えるとは?~上野郁江「才能に頼らない文章術」感想

「文章術の本は、もう買わない」

と思っていたのに
ついつい購入。

上野郁江(著)
「才能に頼らない文章術」

著者は編集者で
編集過程を感覚から
ノウハウにまとめる研究を
しています。

読んでみると
編集ノウハウが整理されていて
ウハウハになりました。
“編集者のように考えるとは?~上野郁江「才能に頼らない文章術」感想” の続きを読む

メリットにいったい何があるというのですか?(1)~コピーライティングの基礎とは?(5)

「メリットって、
何なんだろうか?」

コピーを書くあなたは
そんなこと
考えたことないですか?

メリットを
単純に翻訳すれば、
「得になること」。

専門用語では
ベネフィットなんていいます。

メリットが顧客を購買行動に
駆り立てる原動力であることは
確かです。

しかし、どの商品にも
メリットがあり、
コピーに書かれています。

であるならば、
どの商品も大ヒット間違いないはず。

なのに、
売れる商品と売れない商品の
違いが出てきてしまう。

“メリットにいったい何があるというのですか?(1)~コピーライティングの基礎とは?(5)” の続きを読む

シュッとした文章を書くにはどうすればいいですか?

あけましておめでとうございます。
浅葉です。

考えていた記事を
年明けに出そうと
思っていたのですが、
少し迷っているところがあります。

そのため変更して、
この前、問い合わせにあった
質問についてお話しします。

「文章を書くのに
時間がかかってしまいます」

答える私と
同じじゃないですか。

“シュッとした文章を書くにはどうすればいいですか?” の続きを読む

記憶と洗脳の仕組み~コピーライティングの基礎とは?(4)

「顧客に伝えたいことを
わかりやすく書けばいい」

コピーを書くとき、
そう思っていませんか?

しかし、残念ながら、
それは間違いです。

そのカギとなるのが記憶。

今回のテーマは記憶の仕組みです。

記憶の仕組みを知れば、
「そりゃ、そうだ」
とすぐわかります。
“記憶と洗脳の仕組み~コピーライティングの基礎とは?(4)” の続きを読む

顧客を動かす3つのイメージの力とは?~コピーライティングの基礎とは?(3)

コピーライティングでは
顧客のイメージの世界の先に
行き先の看板を
立てることが重要です。

なぜなら、
看板がゴールになるからです。

では、看板を立てるとは
どういうことなのか?

“顧客を動かす3つのイメージの力とは?~コピーライティングの基礎とは?(3)” の続きを読む