音声入力で、人の文章の引用をする~Windows7音声入力機能を使う


 
 
「キーボードは、文字の位置がわからないから苦手。
でも、パソコンにその時その時思いついたことを
文章にして残していきたい。」
 
 
そんなあなたに朗報です。
キーボードに触れることなく
文字を入力する方法をご存知ですか?
 
 
パソコンにはキーボードによる文字入力だけでなく
話して文字入力する方法もあるんです。

 
 
音声入力とは、
話すとそれが文字になって入力されることです。
(注意!機能はまだまだなので、
過大な期待はしないでください。)
 
 
今回は、
「Windows7の音声入力」についてお話をします。
 
 
音声入力を使うと、
●文章の引用
●ちょっとした構想、キーワード、メモ書き、
●ちょっとした日記
●読み物からのちょっとした抜書き集
などをタイピングしなくても作ることができます。
 
 
文字データ化すると、
後で、いろいろなソフトに使いまわせます。
 
 
この前、他人の文章を引用しようとしたら
意外にパソコンでも面倒なんですね。
 
 
パソコンには「何でも出来る信仰」があります。
 
 
しかし、同じ出来るでも「すぐできる事」と
 
 
「手順を考えて、
グチャグチャ手作業で時間をかけて
やっとできる事」があります。
 
 
他人の文章を、文字データとして
取り入れて引用とするのは、
その「やっとできる事」です。
 
 
ある程度の分量であれば、
面倒なOCRソフト(文章読み取りソフト)を通します。
 
 
しかしその時は、
「ほんの5、6行だ。タイピングしよう」と
思いました。
 
 
ところが、
グダグダ「いやだなー」と思っていたら
時間が過ぎてしまって
予定していた作業を飛ばしてしまいました。
 
 
考えているうちに
手打ちタイピングで
書き写してしまえばよかったんです。
 
 
明らかに自分のせいです。
 
 
その夜は、
作業が終了しなかったことに
頭に来て眠れませんでした。
 
 
これからの方針は
「パクッて、マネして、引用もする。
とにかく集めたいい情報をアウトプットする。」です。
 
 
「引用することも多くなるから
手軽な何かないかな?」と
思って調べたところ、
Windows7には音声認識機能が標準であるんですね。
 
 
試してみると、
ゆっくり、区切りながら話せば
言葉を修正することなく
入力することが出来ます。
 
 
(注意!機能はまだまだなので、
過大な期待はしないでください。)
 
 
そして、使い慣れているテキストエディターに
文字がそのまま入力されるので
使い勝手がいいのです。
 
 
ただし、通常の文章はブラインドタイピングの方が
圧倒的に早くてストレスが少ないです。
 
 
10行程度の引用に使うのが
ちょうどいいですね。
 
 
では、Windows7の音声認識の設定するための
4ステップをお話しします。
 
 
この設定が終われば、
キーボードの文字の位置がわからなくても
メール、ブログ、フェイスブックや
もちろん、コピーも文章を書くことが出来ます。
 
 
●ステップ1:必要機材
 
 
必要な機材はマイクだけです。
(お持ちのパソコンに対応したマイクが必要です。)
 
 
例えば、私の場合
スカイプのカメラにマイクが付いているので
それを使うことにしました。
(ヘッドセットマイクの方がいいらしいです。)
 
 
●ステップ2:マイクのセットアップ
 
 
コントロールパネルから
マイクのセットアップをします。
以下の画面を選択していきます。
 
 
コントロールパネル
->コンピュータの簡単操作
-->音声認識
--->マイクのセットアップ
 
 
それから表示される画面に従って
マイクをセットアップします。
 
 
●ステップ3:
コンピュータをトレーニングして認識精度を上げる
 
 
コントロールパネルから
「コンピュータをトレーニングして
認識精度を上げる」をします。
以下の画面を選択していきます。
 
 
コントロールパネル
->コンピュータの簡単操作
-->音声認識
--->コンピュータを
トレーニングして認識精度を上げる
 
 
●ステップ4:音声認識を開始します。
 
 
コントロールパネルから
「音声認識の開始」をします。
以下の画面を選択していきます。
 
 
コントロールパネル
ー>コンピュータの簡単操作
ーー>音声認識
ーーー>音声認識の開始
 
 
(次回以降は
ステップ4だけで音声認識が開始します。)
 
 
この時に、
テキストエディターなどを立ち上げると
そのまま音声が文字に変換されて入力されます。
 
 
準備は出来ましたか?
 
 
さあ、今すぐ、
Windows7の音声入力を使ってみましょう。
 
 
参照:
マイクロソフト「音声認識を設定する」ヘルプページ
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/set-speech-recognition#1TC=windows-7
 
 
 
 
記事内容が良かった場合、
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

「音声入力で、人の文章の引用をする~Windows7音声入力機能を使う」への2件のフィードバック

  1. どうもはじめまして
    ヨハネス@元警備員と申します。

    私はパソコンのタイピングは慣れているのですが、
    中にはあまりおぼつかないと言う人も
    いるでしょうからね。

    そんな人にとっては自分の声を入れたら
    文章として入力されるというのは
    とってもありがたい方法だと思います。

    自分の言葉が文章になると
    なんだかオリジナリティも出そうですしね。

    応援しております。

    1. こんにちは浅葉です。

      ありがとうございます。

      文字入力はキーボードの方がいいと思います。

      音声入力は慣れが必要なので
      あくまで補助的に使う程度の位置づけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。