コンプレックスが感度を磨く~千利休と秀吉

今回は
「コンプレックスが感度を高める」を
お話しします。
 
 
あなたはコンプレックスが
強い方でしょうか?
 
 
私は強いです。
 
 
今の年になると外見のコンプレックスは
弱まりましたが、
 
 
その代わり、
能力に対してのコンプレックスが
日増しに高まります。

 
 
「なんでこの年で
このぐらいできないの?」とか
嫌になるほど感じます。
 
 
(他もたくさんありますが)
特に気になるのが話すことです。
 
 
聞かれたことに対して
すぐ即答できないし、
考え込んで時間がかかり、
 
 
話し方も滑舌が悪く
「何、話しているかわからない」と
よく言われます。
 
 
それが影響しているのか
当ブログ記事にもそれが表れています。
 
 
書くのも話すも同じだからですね。
 
 
でも、
そのコンプレックスがあるからこそ
 
 
「コンプレックスを感じることに
感度がある」
「コンプレックスを感じることに
敏感である」と
 
 
思うときもあります。
 
 
(以下の内容は
この2、3日ネットで調べたものです。
 
 
歴史マニアのあなたは
その程度のつもりでお読みください。)
 
 
茶道といえば千利休。
 
 
で、少し調べると秀吉が出てきます。
 
 
利休は秀吉に切腹をさせられたので
実質、殺されました。
 
 
しかし、この二人の関係が
とても興味深いです。
 
 
お互いのコンプレックスが
お互いを認め、憎む原因になったからです。
 
 
利休はもともとは信長の茶頭でした。
 
 
それで、信長亡き後、
秀吉が引き抜きました。
 
 
ここが面白いです。
 
 
秀吉は権力志向で
支配欲が強いにもかかわらず、
 
 
その一方で
新しいもの好きで
文化にとても興味を持っていました。
 
 
それは支配するための仕組みつくりや
力による支配には自信があった反面、
 
 
概念や価値観による
支配ができなかったからです。
 
 
つまり、
「秀吉が支配することがいいことだ」の
価値観を共有できないコンプレックスが
ありました。
 
 
逆に利休の茶道の概念や価値観は
当時としてはぶっ飛んでいます。
 
 
おもてなしをする主人と客人は
お茶を一緒に飲むことで
「一期一会」の時をもつ。
 
 
上も下もなく、
お互いあるのは「もてなし」の心だけ。
 
 
つまり、お茶の前では
人は平等というのです。
 
 
キリスト教では
神の前では人は平等といいますが
茶室でお茶がその舞台です。
 
 
だから、茶道というのに
お茶を飲むことが重要ではないのです。
 
 
もっと精神性の高い
「場」なのです。
 
 
舞台である
それまでの茶室や道具も
すべてその概念に当てはめて
 
 
質素な「不足の美」に
利休は変えました。
 
 
秀吉が信長から引き抜き
ある程度の権力を与えるまでに
気に入っていたのは
 
 
利休の茶道の概念の力に
コンプレックスを再確認させられるとともに
だからこそ、そのすごさを感じたからです。
 
 
もしかすると、
「理解者」だったのかもしれません。
 
 
ところが利休も道具選びの目利きになったり
堺市の代理人のようになり
次第に権力志向になっていきます。
 
 
利休のコンプレックスはというと
自分の概念を
現実の力にできないことです。
 
 
ある意味、思想家であったため
その当時の世の中を変えられないことに
歯がゆさを感じていただろうし
 
 
「なぜ、
こんなにすごいこと考えているのに
世の中に受け入れられない」と
イライラもあったでしょう。
 
 
その面では秀吉の現実の力の
「理解者」だったのです。
 
 
秀吉が利休に切腹を命じたのは
いろいろな説があります。
 
 
その関係を見て「勝手に考える」と
秀吉は次第に権力志向になる利休に対して
 
 
「私の好きだった利休は
変わってしまった。」
 
 
そんな失望や
あこがれの人の堕落ぶりを
見てしまったのではないでしょうか?
 
 
実は切腹後、秀吉は後悔していて
利休のすすめる質素な食事をしたり、
利休好みの枯れた茶室を
作った話もあります。
 
 
やはり、殺しても
あこがれの好きな人だったわけです。
 
 
というより、好きだったからこそ
殺してしまったのかもしれません。
 
 
そこはわからないです。
 
 
ここまで歴史的な出会いは
あまりないとは思いますが
あなたのコンプレックスも
情報の感度、アンテナに使えます。
 
 
コンプレックスを
自分に向けないようにしましょう。
 
 
そんなことをすれば、
自分に失望するだけで
最後は切腹お家取り潰しです。
 
 
それより
あなたのコンプレックスの目を
使って、まわりを見ましょう。
 
 
そうすれば、
あなたにとっての秀吉や利休に
出会えるでしょう。
 
 
 
 
記事内容が「よかった」と思われたら、
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(1日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。