6/30まで復活限定販売「新魔法のコピーライティング」

2016/6/30まで
「新魔法のコピーライティング」が
期間限定復活販売されます。
 
 
「新魔法のコピーライティング」とは、
簡潔にわかりやすく
すぐ実践できる文章ノウハウが
まとめられた完成された教材です。
 
 
「コピーライティングの基礎を
学びたい!」
 
 
そう思う人は安く学べる
最後のチャンスです。
 
 
というのも、実は、
 
 
7月より次のバージョンの教材が
発売されます。
 
 
その教材費は2倍以上に
値上げの予定。
 
 
ですが、開発者岡村元紀さんの
フェイスブックでの現在の活動を
読んでいると
 
 
その内容は
2倍にはならないでしょうし、
内容も基本同じでしょう。
 
 
ちなみに今購入すると
新版の教材費をいくらか安くするそうです。
 
 
以下のリンクをクリックすると
商品販売ページに移動します。
 
 
「新魔法のコピーライティング」商品説明ページ
 
 
では、
その「新魔法のコピーライティング」の
内容をくわしく暴露していきます。
 
 
 
 
■なぜ、コピーライティング技術が
あなたの文章に必要なのか?

 
 
なぜ、コピーライティング技術が
あなたの文章に必要なのか?
 
 
それは、文章が読まれないこの時代に
読み手に向かっていく文章にするためです。
 
 
コピーライティングとは、
広告文章の書き方です。
 
 
しかし、現在は
広告を書くためだけのノウハウから
もっと広い文章の書き方のノウハウへと
広がっています。
 
 
少し勉強してから
本屋に行くとすぐわかりますが、
ビジネス書、自己啓発書は
すべてコピーライティングのノウハウに
よって書かれています。
 
 
それは、伝統的な日本の私小説型の文章、
言ってみれば、独白するだけの日記文章では
誰にも見向きもされず
読まれないからです。
 
 
あなたもわかると思いますが
現在はストレス社会です。
 
 
読む人も疲れていて
本屋に行くことさえしなくなっています。
 
 
ようは「お前のことなんか知らない」が
今の世の中で
他人のことなどかまってられないのです。
 
 
ですから、本の文章は
今の読者に合わせて
 
 
刺激を与え続け
興味を最後まで継続させる書き方に
変わってきています。
 
 
つまり、読者から見て
「自分のこと」「自分のため」であれば
興味もあるし、疲れていても
読む行動をしてもらうことができます。
 
 
せちがないと言えばそうですが、
それが現実なのです。
 
 
「自分のこと」
「自分のため」と
感じさせる文章。
 
 
そこにコピーライティングの技法が
使用されているのです。
 
 
「コピーライティング」という
言葉だけを聞くと
「広告なんか書くつもりないんだけど」と
イメージが浮かんでこないかもしれません。
 
 
広告を書く必要もないですし、
広告はどうでもいいです。
 
 
広告ということは忘れてください。
 
 
ここで重要なのは
「広告」ではなく
その中のエッセンスを使うことで
 
 
文章の方向を「読み手向き」に
変えることなのです。
 
 
つまり、読み手に刺さる文章、
 
 
読み手の立場に立てば、
「刺さってくる文章を
書くにはどうすればいいのか?」を
知ることがこれから必要となるのです。
 
 
 
 
■読み手に刺さる文章の4つの特徴
 
 
では、刺さってくる広告文章の
4つの特徴についてお話ししましょう。
 
 
●自分に向けて書かれていると思う
●ついつい最後まで読んでしまう
●ついつい欲しくなってしまう
(ついつい行動したくなってしまう)
●思い出してしまう
(いつまでも覚えている)
 
 
この4つです。
 
 
ですから、
コピーライティング文章の書き方を学び
通常の文章に応用すると、
 
 
●読み手に自分のことだと真剣に読んでもらえます。
(自分宛てのメールのように)
 
 
●伝えようとする文章から
伝わる文章が書けるようになる。
 
 
●もっと知りたくなる文章が
書けるようになる。
 
 
●行動したくなる文章が書けるようになる
 
 
●無視できない文章が書けるようになる
 
 
●問題意識を高まる文章が書けるようになる
 
 
わけです。
 
 
極端な話、町内の回覧に
この書き方をつかった
ゴミの出し方を書けば、
 
 
今までの無茶苦茶な
ゴミの出し方でさえ変えることができます。
 
 
中には怒って
「私のこと、書いている」と
怒鳴りこんでくる人があらわれるかもしれません。
 
 
それだけ、「自分宛て」が意識され
「無視できない、反応しなければ」と
感情を動かすことができるのです。
 
 
当然のことながら、
町内の回覧だけでなく
ブログ、メールマガジン、
ダイレクトレスポンス広告などにも最適です。
 
 
少し知るだけで
内容は同じでも反応が変わります。
 
 
ちなみにこの教材の書き方で
ブログを2つ書いていますが、
両方とも人気ブログランキング1位を取って
しまいました。
 
 
●人気ブログランキング
コピーライティング部門1位
(2014/12/18時点)
 
 
●にほんブログ村
ネーミング・コピーライティング部門1位
(2014/03/21時点)
 
 
*別のブログ
●人気ブログランキング
基礎知識(株)部門1位
(2013/12/07時点)
 
 
 
 
■そんなコピーライティング技術を
どのようにして
「新魔法のコピーライティング」では
教えているのか?

 
 
この教材の
ほかのコピーライティング教材との
最大の違いは
「信頼を得てから、行動してもらう」
です。
 
 
行動の意味は、セールスであれば
買ってもらうということですが、
それも信頼構築をしたのちなのです。
 
 
ですから、デメリットは
時間がかかります。
 
 
しかし、その分、
関係は深くなり
あなたの書いたことを信用して
あなたのファンになります。
 
 
商売でいえばリピート客が増えるし、
時間をかけた分、合わない人は離れるため
クレームも少なくなります。
 
 
何も売らないブログを運営した場合には
新記事を投稿すると
必ず読みに来るようになる。
 
 
つまり、クセになる文章が書くことが
できるようになります。
 
 
文章でそんな関係を読み手との間に
持つことができるようになるのです。
 
 
■「新魔法のコピーライティング」の
クセになる3章構成

 
 
それを実現するために教材は
3章構成になっています。
 
 
●基本のひな型
●ブランディングひな形
●セールスひな形
 
 
●基本のひな型
 
 
この章では文章の見やすさのノウハウを
学ぶことができます。
 
 
例えば、1行は何文字がいいか?とか
空白行はどのように入れればいいか?など
です。
 
 
この実際のテスト結果に基づいた
ノウハウを使うことで
 
 
読みやすい文章に「見える」ようになります。
 
 
読み手の立場に立つと
負担の少ない
「見やすい」文章になります。
 
 
今までの原稿用紙での書き方とは
違いますので
 
 
もしあなたが文章をすでに
書いているのであれば、
 
 
この章に従って書き直すだけでも
読み手が最後まで読むようになるでしょう。
 
 
 
 
●ブランディングひな形
 
 
この章では
「信頼」を得る文章の書き方を学びます。
 
 
つまり、書き手であるあなたを
伝える文章が書けるようになります。
 
 
そのために
「体験談(共感)」から
「伝えたいこと(本題)」への
文章の作り方を学びます。
 
 
すると、例えば、
あなたが「鈴木さん」であれば、
 
 
読み手から見て
「鈴木さん」の書いた文章と
ほかの人と区別されるようになります。
 
 
つまり、あなたを「鈴木さん」と
はっきり認識したうえで
文章を読むようになります。
 
 
 
 
●セールスひな形
 
 
この章では
「行動」してもらうための
文章の書き方を学びます。
 
 
「なぜ?」WHY?
「なに?」WHAT?
「どうやって?」HOW?
「今すぐ!」NOW!
 
 
に沿って文章をつくる方法を学びます。
 
 
この順番に説明することで
興味を引きながら自然に説得することができます。
 
 
(実はこの順番に書くと
読者が読者自身に対して説得を始めます)
 
 
そして、人間には大別すると
4つの行動タイプが存在します。
 
 
●「なぜ?」WHY?
なぜしなければならないか
がわかると行動する
 
 
●「なに?」WHAT?
理由が何かわかると行動する
 
 
●「どうやって?」HOW?
どうやってやるかがわかると行動する
 
 
●「今すぐ!」NOW!
今すぐ行動したい
 
 
この4タイプごとに感じる文章を
ちりばめることで
誰もが行動したくなります。
 
 
 
 
■3章のノウハウの使った戦略的文章
 
 
では、この3章にわたるノウハウを
どのように組み合わせて
戦略を組めばいいのでしょうか?
 
 
信頼を得て、行動してもらう文章とは?
 
 
そのためにはどうすればいいのでしょうか?
 
 
その3章の関係性は。
 
 
●基本のひな型は
すべての文章に共通するベースです。
 
 
基本ひな型のルールに従って
すべての文章の「見た目」を整えます。
 
 
それを前提として
 
 
●ブランディングひな形
に沿った書き方をした文章を
たくさん書き、信頼を構築します。
 
 
信頼を構築したところで
●セールスひな形
で行動をお願いするわけです。
 
 
イメージとしては
あるテーマでずっと長い間
 
 
●ブランディングひな形
文章があり、
 
 
最後に
●セールスひな形
文章で行動をお願いする
 
 
になります。
 
 
信頼を築けなかった読み手は
途中でいなくなるわけですから
 
 
あなたの考え方に
理解を示す人だけが残ります。
 
 
つまり、あなたと「いい関係」の
ひとだけになるので
心地いいやり取りを続けることができます。
 
 
 
 
■「新魔法のコピーライティング」の弱点
 
 
私のこのブログの文章の書き方の基本は
「新魔法のコピーライティング」の
ノウハウを使っています。
 
 
しかし、いろいろ勉強するうちに
弱点も見えてきて
そこは自分で補足するように
勉強して少し変えています。
 
 
それはどういうことかというと。
 
 
「新魔法のコピーライティング」の
ノウハウでは
「誰のため」なのか?が
わかりづらいのです。
 
 
いわゆるキャッチコピーが
その部分なのですが
「誰のため」WHO?
です。
 
 
例えば、
「中年になって痩せにくくなったと
感じているあなたへ」と
書いてあれば、
 
 
対象となる人は
「私のことだ」とすぐわかります。
 
 
そして、その次の文章に読み進めます。
 
 
しかし、
●セールスひな形
だと
 
 
「なぜ?」WHY?
「なに?」WHAT?
「どうやって?」HOW?
「今すぐ!」NOW!
 
 
といきなり
「なぜ?」WHY?から始まるので
読み手が自分が対象なのかが
わかりづらいです。
 
 
教材のなかでは
「誰のため」WHO?にあたる部分は
●ブランディングひな形
の関係構築で特定するイメージです。
 
 
あるテーマで
●ブランディングひな形文章が続き
その間に書き手と信頼関係のできた読み手が
対象者となります。
 
 
そして、「なぜあなたにこれが必要なのか?」の
話があると、すでに信頼関係ができているわけですから
読み手からすると「私に向けて」
提案をしているとわかります。
 
 
ところが、その前提がなく
●セールスひな形で1枚のセールス文章
(行動をさせる文章)を書くと
対象者がわからないため
唐突な印象になってしまうのです。
 
 
弱点を補足する知識として
●セールスひな形は
 
 
「誰のため」WHO?
「なぜ?」WHY?
「なに?」WHAT?
「どうやって?」HOW?
「今すぐ!」NOW!
 
 
「誰のため」WHO?
を追加することが必要になります。
 
 
 
 
■最後に
 
 
その弱点を意識することができれば
「新魔法のコピーライティング」は
最高のコピーライティング教材です。
 
 
教材で学ぶ文章の流れを知ることで
 
 
自分よがりの日記文章から
読み手視点の
つき刺さる文章を書くことが
できるようになります。
 
 
あなたの考えたことを
伝わる用にするには
 
 
まず、教材のテンプレートに
当てはめてみてください。
 
 
私の経験から
その方が文章も書きやすいはずです。
 
 
もし、手っ取り早く
コピーライティングを学びたいのならば
「新魔法のコピーライティング」を
おすすめします。
 
 
以下のリンクをクリックすると
商品販売ページに移動します。
 
 
「新魔法のコピーライティング」商品説明ページ
 
 
 
 
記事内容が「よかった」と思われたら、
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(1日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。