ブログ100記事革命(5)

■ブログ100記事作りましょう

「じゃあ、これから
ブログ100記事
作りましょう。

さあ、どうぞ」

「???」

そりゃそうです。

急に言われても
戸惑ってしまいます。

ですから、今回から

●文章量、期間
●記事のネタの拾い方
●文章の書き方

について
お話しします。

■30なのに100

100記事書かなくていいです。

「100記事って
言ったじゃない」

ブログテーマ関連記事30、
好きなこと記事3~4。

(好きなことは息抜き記事で
本当にフリー記事です。

思いつかなければ、
ブログテーマ関連記事を増やします)

合わせて33~34記事。

そして、
全く同じ内容の記事を
3回繰り返します。

つまり、元となる記事1つと
ヴァージョンアップ版が2つ
にします。

元となる記事は800字ぐらい。
(できれば1000字ぐらい)

更新版は1600~2000字ぐらい。

準備期間と実作業期間を
合わせて3ヵ月ぐらい。

準備期間を経て
毎日、ブログに投稿が理想です。

頭のいい人は
休日に1週間分書いて
投稿予約することを考えます。

しかし、そうではなく

目的は3ヵ月間
文章を常に書いている状態に
すること。

準備期間に作ったメモを見ながら
毎日書いて投稿しましょう。

■その不安、ご安心ください

「内容、全く同じって」

その不安わかります。

しかし、
ブログを開始した最初なんて
ほとんど読まれません。

しかも
人様に読んでもらえる文章は、
この記事を書いている今の私でも
むずかしいです。

失礼な言い方をすれば
経験なしで今から始める
あなたの文章なんて
マイナスからの船出です。

ですから、思い切って
練習しましょう。

「しかも、3回?」

書いてみるとわかりますが、
ブログというステージに
文章を上げて
読み直してみると

●何言っているのかわからない
●話の順番を変えればよかった
●こっちの言葉を使えばよかった
●理解が深まるにつれて、考えが変わった
●間違って書いてしまった

など、
いくらでも修正したいことが
湧き出てきます。

「さすがに3回も書けば、
出来上がりだろう」

と思うかもしれません。

しかし、ところがところが、

文章の練習を始めた
最初の1年ぐらいは
あなたの文章力は書くたびごとに
高まりますので、

いくらでも
「ああすればよかった」
が出てきます。

とはいうものの
区切りをつけないと
永遠に修正することに
なってしまいます。

ですので、
一応の目途として
3回修正とします。

「100記事思いついたら
全部1回のみでもいい?」

文章回路を
あなたの頭の中につくりたいので、

大まかな書く内容は決まっていれば、
更新作業を通して
文章自体に集中することができます。

1回で終わらせるのではなく、
何回か修正版をつくってみるのが
おすすめです。

思いついたアイデアは
これからいくらでも使えますので
あとからわかるように保存します。

ちなみに、
期間を置いて
同じことを
書いてもいいですし、

20記事書いて
5回繰り返して
100記事でもいいです。

大枠をお話ししたところで
次回は
「記事ネタ、どうする?」
です。

記事がよかったと思われたら
人気ブログランキングに
投票をお願いします。

あなたの投票でブログランキングから
多くの人に情報を届けることが出来ます。

投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

(1日1回投票出来ます。)

●コピーライター脳になりたいなら?

書籍「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」
寺本隆裕(著)

ちょっとした発想の転換が
あなたのホームページや
あなたのアフィリエイト文章を

自分本位から
読者視点に変えます。

読者のための文章を
書きたいのであれば
この本。

=>くわしくはこちら
書籍「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」
寺本隆裕(著)

(リンク先で章立てがわかります)

通常価格3,980円のところ、
期間限定で86%オフの550円(税抜)


■メールマガジン読者募集中

以下のリンクからご登録ください。
->メールマガジンへのお申し込みはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です