ライティング練習~ブログ100記事革命(7)

————————-
■ライティング練習には
ライティング練習
————————-

反省しているんです。

難しすぎたかもしれません。

前回はネタの拡げ方、作り方が
テーマでした。

私なりのとっておきノウハウを
公開したのですが、

いかんせん、
後から読むと
難しい内容に
なってしまいました。

書き方も雑だったので、
もう少し詳しく書いたほうが
よかったと思います。

ライティングって、難しいです。

コロナのように
何日も潜伏期間ののち

「ああ書けばよかった
こう書けばよかった」

と後悔が襲い掛かってきます。

しかし、まあいいです。

書くたびにすこしずつ
よくなっていくからです。

ということで、ならば、

ライティングがうまくなるには?
どうすればいいのか?

それは
ライティングは練習です。

練習とは、とにかく
文章を書くこと。

とかく、
文章は頭の中のことと
思いがちです。

しかし、そうではなく
思考に身体感覚を
つなげることを意識しましょう。

今回は
ブログ記事を書きながら
ライティングの練習する方法
についてお話しします。

————————-
■最初は見るな
————————-

100記事を越えてからが勝負。

なので、それまでに
実際に手を使って
文章を作る基礎体力つくりが
必要です。

それまでは
体ならしと考えましょう。

私もブログの最初のころ、

それまで勉強したこともない
ぐらいの量、
「文章の書き方」のたぐいを
読みました。

しかし、今から思うと
大間違いでした。

というのも
「読む」と「書く」では
体の使うところが違います。

確かに読むための勉強には
よかったかもしれません。

ですが、
ライティングの練習には
文章を書くこと自体が
勉強なのです。

変でしょう?

「何も知らずに
100記事書けって、何だ!」

怒る気持ちは
重々承知しています。

しかし、
体と脳がつながった時、

「この感覚か?」

とわかると思います。

ですから、
勉強は100記事以降からで
十分です。

それまで、
文章の書き方の
ノウハウ書を
読む必要もありません。

増してや、
アクセスを集めている
ブログを調査するため
読む必要もありません。

(特にブログやSNSの文章は
雑で荒いので読めば読むほど
悪い影響を受けて下手になります)

まずは、100記事書くと
頭と体がつながる感覚を
感じることが出来ると
覚えておいてください。

————————-
■書いて並べ替える
————————-

とはいえ、
「さあ、どうぞ」
と言われても困ります。

ですので、
一応のノウハウとして、

まず、前回で作った
テーマリストがある前提で

「書いて、並べ替え、整える」

を練習してみましょう。

本来ならば、
構成メモを作ってから
文章を取り掛かるといいのですが、

今回はライティング練習をするのが
目的です。

ですので、テーマリストの
ひとつの項目について
とにかく書いて、
後で並べ替えてみます。

構成メモを作ってから
文章を作る方法は
100記事以降で試してみてください。

では、まず
「書いて」の部分について
説明します。

文章を読む場合、
最初から読みます。

だから、書く場合も
最初からと思うかもしれません。

そうではなく、
書けるところから書く。

文末が変でもいいし、
つながりがおかしくてもいいです。

イメージとしては
箇条書きがたくさんある
感じです。

「最初から順々に書こう」
なんて思っていると
結局止まってしまいます。

なので、想定字数分の
箇条書きを作りましょう。

その次に
「並べ替える」です。

————————-
■並べ替え、整える
————————-

最初なので並べ替えるのも
それほど神経質にならなくても
いいのですが、

並べ替えについても
一応の指針を示しておきます。

人に意見を言うときの
テンプレートとしてPREP法が
あります。

PREP法は
●P(ポイント=結論)
●R(リーズン=理由)
●E(エグザンプル=例)*Rの補足
●P(ポイント=結論)

4つの項目をこの順番で
説明することで
話がわかりやすくなります。

「P(ポイント=結論)を
2回も書くの?」

その通りです。

最初に言ったことなんて
忘れてしまいますので
念押しで最後にもう一回言います。

ですから、
4つの項目とはいえ、
実質、3項目をまとめれば
いいことになります。

前項目で
バラバラに書いた箇条書きを
各項目に分けてみます。

そして、各項目の中で
さらに話題ごとに並べ替えます。

そのうえで
重複しているところは省き、
不足しているところを追加します。

並べなおしたところで
文末を整え、
文章の表現を見直します。

最初なので読者ではなく
あなたが読んでわかる文章に
なるまで整えます。

さて、

「ブログ100記事革命」を通じて
あなたの好きなことを書きましょうと
ずっと言ってきました。

このPREP法で言えば、
●E(エグザンプル=例)の
たとえ話の部分であなたの好きな話を
入れてみましょう。

あるいは、

導入部にたとえ話に
当たる話を
「この前こんなことがありました」
と振っておいて、

その関連の記事のテーマに
入っていくのも
文章が楽しくなります。

————————-
■ブログ100記事革命、一旦終了
————————-

これで
「ブログ100記事革命」は
一旦終了します。

話を整理したり
時事ネタを変えたり、
不足部分を追加したりして
キンドル向けに作り直します。

わかりにくかったところ
質問などあれば、
ブログのコメント欄からお願いします。

(私の参考になる意見
先着10名にPDF原稿プレゼント)

現在、先にキンドルで出版したい
モノを書いています。

それが終わってから
キンドル「ブログ100記事革命」
のまとめに戻ります。

記事がよかったと思われたら
人気ブログランキングに
投票をお願いします。

あなたの投票でブログランキングから
多くの人に情報を届けることが出来ます。

投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

(1日1回投票出来ます。)

●コピーライター脳になりたいなら?

書籍「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」
寺本隆裕(著)

ちょっとした発想の転換が
あなたのホームページや
あなたのアフィリエイト文章を

自分本位から
読者視点に変えます。

読者のための文章を
書きたいのであれば
この本。

=>くわしくはこちら
書籍「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」
寺本隆裕(著)

(リンク先で章立てがわかります)

通常価格3,980円のところ、
期間限定で86%オフの550円(税抜)


■メールマガジン読者募集中

以下のリンクからご登録ください。
->メールマガジンへのお申し込みはこちらから

「ライティング練習~ブログ100記事革命(7)」への2件のフィードバック

  1. ASABAさん、
    今晩は、ブログランキングから来ました。インターネットビジネスを始めたばかりの還暦を過ぎたおっさんです。やはりライティングの練習あるのみですね。これまで石油や天然ガスのプラントでの技術報告書等などを英語や日本語で書いていたので、文章が硬くなってしまします。記事に書かれているPREP法を勉強させて頂き、ネットビジネスにつなげていければと思います。また、今回の記事以前のものも参考にさせてください。よろしくお願い致します。

    1. コメントありがとうございます。
      浅葉です。

      海外の人向けに
      英語で報告書を提出していたとのこと。

      その物事をハッキリ書く感覚のほうが
      ネット上や
      これからの日本語に必要です。

      ハッキリ書くところがあれば
      無理に文章の硬い、柔らかいに
      こだわることもないと思います。

      そういう方から見ると
      私の文章は軟弱そのものです。

      参考になるかはわかりませんが
      よろしければご笑覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です