転機は、すぐそこ

■悪い天気

天気が、ずっとよくありません。

私の住んでいるところは
この1ヶ月ほど、
まともに晴れた日がないのです。

グズグズとした日が続き、
やっと
「晴れたかな」
と思ったのもつかの間。

突然、真黒な雲が頭上に現れ、
どこかに逃げ込まなくては
ならないほどの大雨になります。

自然というのは
こちらの意向を
くみ取ってくれるわけでも
ありません。

なのに、
自然現象を自分に重ね合わせ、
天気を人生になぞらえる
表現の多いこと。

例えば、
「雨降って地固まる」
「止まない雨はない」
なんてよく耳にします。

なぜ、自然現象である天気と
人間である自分の転機を
重ねて見てしまうのでしょうか?
“転機は、すぐそこ” の続きを読む

大人の読書感想文

■感想文トラウマ

夏の中盤になると、感想文。

なんて、気になります。

なりませんか?

宿題もないのに
学生時代のトラウマから
なのでしょうか?

この時期になると
「本を読まなければ」
と妙に気持ちが焦ります。

今回は
誰にも提出する必要がない
大人のあなたのための
読書感想文の書き方を
お話しします。
“大人の読書感想文” の続きを読む

春はくすぶり

萩原健一さんが亡くなりました。

ネットニュースを
流して見ていると
急に目に飛び込んできました。

68歳だったそうです。

いろいろな芸能人がいます。

その中で
見ている人の価値観を変える
時代を背負った人が
まれにいます。

私たちの世代にとって、
萩原さんがその人でした。

“春はくすぶり” の続きを読む

考え抜きたい病

あなたの周りにこんな人いませんか?
 
 
「考え抜いて、その結果を出したい」
 
 
いわゆる、完ぺき主義の人。
 
 
文章でいうと、
自分の書いたものを
作品というタイプです。
 
 
そんな人がいたら
教えてあげてください。
 
 
考え抜くなんて時間の無駄。
“考え抜きたい病” の続きを読む

「しょうがないね」と言ってほしい人

今日、あなたに聞きたいことがあります。
 
 
「ここ1年の自分の行動を振り返って
あなたは心が広い人でしたか?」
 
 
もし、あなたの心がひろく
博愛の精神の持ち主なら
これからの話を聞く必要はありません。
 
 
しかし、少しでも
欠陥があるというのなら
お付き合いください。
 
 
共感関係は、
自分にも相手にもできてこそ
できる関係です。
“「しょうがないね」と言ってほしい人” の続きを読む