書き出しに何を書く?~ブログにも物語を

■名作の1ページ目を読む

文章の書き出し、
ためらいます。

最初には
何を書けばいいのでしょうか?

コピーライティングの
知見からすれば
「興味を引く」ことから
書くのが定石です。

落語で言えば、
「枕」に当たり、
読者の聞く態勢を作ってから
本題に入ります。

そうしなければ、
読者も爆弾情報台風の渦中、
バタバタしています。

せっかく書いたのに
読まれもせず、

メリーポピンズのように
傘をさしたまま
風にあおられ
どこかに飛んで行ってしまいます。

そこで、今回は
名作の1ページ目に
注目しましょう。

(研究中なので
ノウハウまでに
行きつくかはわかりません)
“書き出しに何を書く?~ブログにも物語を” の続きを読む

空白からネタを作り出す方法~探すから、言葉にするへ

■ユー、ネタ、作っちゃいなよ

書くことに
困ったことありませんか?

そんな時、私、
自分に言ってしまうんです。

「ユー、
ネタ、作っちゃいなよ」

ジャニーズぽく
おどけていますが、
いいでしょう?

ネタを探すから
ネタを作り出すへのシフト。

長くブログを続けるために
ネタを企画する能力が
ゆくゆくは必要になっていきます。

今回は、
あなたらしい
ネタの作り方について
お話しします。
“空白からネタを作り出す方法~探すから、言葉にするへ” の続きを読む

ネタを本屋から盗む二つの方法

■ネタは本屋に並んでいる

書くことがなければ
書くことはできない。

だから、
書くためには
ネタが必要。

といって、
家にこもって
考えていても
行き詰るばかりです。

そこで

「本屋で
ネタを仕入れるための
2つの方法」

について
お話しします。
“ネタを本屋から盗む二つの方法” の続きを読む

ベネフィットを感じやすい表現方法

■売り手と買い手は違う

「これなら売れるだろう」
が、売り手。

一方、買い手というと

「これを買ったら
どうなるかなー」

売り手と買い手の興味は
違います。

ですから、
コピーライティングでは
顧客の視点とよくいうのですが、
これが難しい。

どうしても売り手は
売ることが目的ですから

売り視点から逃れるなんて
出来ません。

そこで、
変えられない視点を
どうにかするのではなく、

文末の言い回しを変えることで
強制的に
疑似買い手視点にする方法を
お話しします。
“ベネフィットを感じやすい表現方法” の続きを読む

ベネフィットがわかる3つの切り口

■ベネフィットって、何?

ベネフィットとは、
得すること。

得だと思えなければ
買う気は起こりません。

でも、

「得って、何だろう?」

と改めて考えてみる。

得なんて簡単で
わかっているはずなのに
モヤモヤします。

そのモヤモヤの原因は
ベネフィットが
概念的すぎるからです。

だから、
わかりづらい。

そこで今回は
ベネフィットを理解するための
お話しをします。
“ベネフィットがわかる3つの切り口” の続きを読む