冷めた文章をどうするか?

■面白くないと体が動かなくなる

書いているうちに
熱が冷めてしまった。

私もよくあるんです。

最初は

「面白い、いける」。

なのに、
書いている途中で

「やっぱ、面白くない」。

すると、
だんだん身体が重たくなり
書くのが嫌になってきます。

止めるのもいいですが、
面白くないなりに仕上げて
投稿することが重要です。
“冷めた文章をどうするか?” の続きを読む

文章に流れる3つの川で文章整理~捨てる使えるもの

■部屋はダメでも文章整理なら

文章とは
書き手の部屋を見せるようなもの。

私の部屋はグシャグシャです。

妻がお客さんを
連れてきたとき、

「料理もイイころだよー」

と言える部屋なら
いいのですが、

「ちょっと、入れる前に、
ちょっと、待て」

と大慌てになります。

あなたの部屋はどうですか?

そこで、部屋はダメでも
(そうでしょう?)
文章だけでも
整理しようというわけです。

その秘密は、
文章の中に流れる3つの川。

たったそれを知るだけで
ダイソンで掃除した
スッキリ文章
にすることが出来ます。
“文章に流れる3つの川で文章整理~捨てる使えるもの” の続きを読む

慣れとお茶の子さいさいの間

■ウッ、違和感

「スッと、言葉が出てこない」

しばらくぶりに
長い文章を書くと
違和感ありませんか?

しかし、その違和感。

とても重要です。

重要というより
慣れに気づくチャンスです。
“慣れとお茶の子さいさいの間” の続きを読む

言葉のクセ

あなたは言葉づかいに
クセはありませんか?

特にブログ、SNSを読むと
よく感じること。

それは、文章の言葉のクセです。

誰にでも言葉にクセがあります。

書いているときの精神状態にも
よります。

だから、それが個性でもあるので
クセが悪いわけではありません。

しかし、
その言葉づかいから受ける
印象をたまにチェックしてしましょう。

というのも、
ことさら自己否定したり、
断り書きが多く、

読みにくくなっている
文章があるからです。

ひとつ意見を書けば
それに対して、
賛成も反論もあります。

基本はあなたの意見に
それを補う理由があれば
そのまま書いてしまえばいいのです。

プロフィールつくりには危険を伴う

意外によく読まれるのが
プロフィール。
 
 
読者が記事を読んで
「書いているのは、どんな人?」と
興味が書き手に移るのは
自然なことだからです。
 
 
あなたのブログでも
そうではないでしょうか?
 
 
それだけ重要なプロフィールを作るには、
精神状態を見極めてから作りましょう。
 
 
そうしなければ、
あなたがグシャグシャになるからです。
“プロフィールつくりには危険を伴う” の続きを読む