ズバリ、行動するために考えさせない1~英語的日本語8

日本語に英語感覚を取り入れると
説明するための日本語から
行動するための日本語になります。
 
 
行動のための文章にすることで
読み手が考えることなく、行動するための
シンプルなメッセージを伝えることが出来るのです。
“ズバリ、行動するために考えさせない1~英語的日本語8” の続きを読む

これが核心、日本語は解説言葉、英語は解決言葉~英語的日本語7

「何を英語から日本語に取り入れればいいのか?」
 
 
それは、解決するための言葉であることです。
 
 
さて、これから、
英語的日本語の核心に迫っていきます。
“これが核心、日本語は解説言葉、英語は解決言葉~英語的日本語7” の続きを読む

予告すると、実行しやすい(単文、重文、複文)~英語的日本語6

コピーライティングでは
相手に行動をしやすくすることが重要です。
 
 
そのためには、行動を指示する文章の前に
「予告」することが必要になります。
“予告すると、実行しやすい(単文、重文、複文)~英語的日本語6” の続きを読む

言葉とは通貨である3~英語的日本語5

英語は基軸言語になっています。
 
 
逆に言うと
それだけ受け入れられている言葉なのです。
 
 
であるのに、中学、高校、大学と
10年もやって日本語しかわからないということは、
世界全体の発想が理解できない証拠です。
 
 
つまり、世界とズレているのです。
“言葉とは通貨である3~英語的日本語5” の続きを読む