顧客は信じない~3つのNOT(4)

「オレだよ、オレ、オレ」

今はもっと巧妙になっている
「オレオレ詐欺」の最初のパターンは
こんな出だしから始まります。

それで、すっかり
「息子からの電話だ」
と勘違いした母親は、

それからの話を
信用してダマされてしまいます。

“顧客は信じない~3つのNOT(4)” の続きを読む

興味を持たせる~3つのNOT(3)

3つのノット
●顧客は読まない(not read)
●顧客は信じない(not believe)
●顧客は行動しない(not act)

は、

●1.興味(read)
●2.信用(理解、納得)(believe)
●3.行動(act)

の3段階の過程を順々に経て
行動する、
人間の情報処理の法則です。

つまりは、
「出来ない」現在から
「出来る」未来への
過程を表しています。

今回は、その興味について
お話します。

この3つの中で最重要なのは
いうまでもなく
●1.興味(read)
です。

“興味を持たせる~3つのNOT(3)” の続きを読む

3つのNOTとは?(2)~あなたは教育されて買っている

あなたが最近した
1万円以上の買い物は
何ですか?

1万円以上といえば、
なんとなく買ったのではなく
「欲しい」衝動にかられたはずです。

イオンの30円PBコーラとは
買う時の気持ちが全然違うでしょう?

値段が高ければ高いほど
買うときの興奮度は高まります。

でも、その衝動が
教育されたものだとしたら?

“3つのNOTとは?(2)~あなたは教育されて買っている” の続きを読む

3つのNOTとは?(1)

コピーライティングで
最初に学ぶ基本といえば?

それは
「3つのNOT」です。

●顧客は読まない(not read)
●顧客は信じない(not believe)
●顧客は行動しない(not act)

これは読者、顧客の
コピーの読むときの態度を
表しています。

それにしても
随分、ネガティブな表現だと
思いませんか?

“3つのNOTとは?(1)” の続きを読む

「伝える」が「教える」になったら?コピーは化学変化をとげる

「コピーライティングとは
メッセージである」
とお話をしてきました。

今回は
そのメッセージの先には
「教える」が必要だと
お伝えします。

あなたは
「メッセージ」という言葉から
どんなことを想像しますか?

“「伝える」が「教える」になったら?コピーは化学変化をとげる” の続きを読む