意外!続き物ブログ記事は読まれる


 
 
「ブログ記事は、一記事で完結しなければならない。」
 
 
あなたはそんな思い込みをしていませんか?

 
 
それが意外に続き物(連載)ブログ記事も読まれます。
 
 
一記事で完結しなければならない理由はこうです。
 
 
●検索サイトから来たときに
一記事にまとめられていると見やすいから。
●検索サイトから来たときに
途中の回になるかもしれないので。
●検索サイトから来た読者は
ブログを移動しないから。
 
 
確かに、一記事でどこかに行ってしまう読者もいます。
途中の回をはじめに読む読者もいます。
 
 
しかし、興味を持った読者はサイトマップを見て
ほかの回や、ほかのテーマの記事も読んでくれます。
 
 
(サイトマップは、あなたのサイトの
わかりやすいところに必ず作ってください。
 
 
そうしなければ今回の記事は無効です。)
 
 
これからわかることは、どこかをクリックして、
ブログを移動する「行動した読者」こそが貴重なのです。
 
 
読者は検索サイト結果の一覧から
順々にアクセスして
自分の疑問に合うものを探しています。
 
 
合わないと思えば
すぐどこかに行ってしまいます。
 
 
(あなたもそうでしょう?)
 
 
一記事でどこかに行ってしまう読者は
無視すればいいのです。
 
 
そんな読者を追いかけて、
「取り込むにはどんな記事を書けばいいのか?」と
考えるのもいいのですが、
 
 
一瞬でいなくなるのでは
縁がなかったと考えたほうが楽です。
 
 
むしろ連載について
「行動するほど反応している読者」を
観察することでわかることがありますので、
そちらのほうが重要です。
 
 
連載の特徴は、記事が分けられていることです。
 
 
したがって、アクセスを見ると
全体のどの部分に興味があるのかがわかります。
 
 
(その結果、悲しいことに、
あなたの結論に興味がないことが
わかるかもしれません。)
 
 
そして、わかったことに対して
展開していけばいいのです。
 
 
例えば、別記事として
同じテーマの記事を書いてみるとか?
同じテーマを深く詳細に書いてみるとか?
別角度で書いてみるとか?
そのテーマの次に疑問を持つことを書いてみるとか?
 
 
できることはいろいろあります。
 
 
例えば、以下の読者は「よく見にくる」人です。
 
 
2015071801pic
 
 
最初は途中の回を検索サイトから見つけましたが、
今では先頭の回から読んでいます。
 
 
こういう人を追いかけたほうが
結局はブログの地盤が固まることになるのです。
 
 
なぜなら、
「誰に向けて文章を書けばいいのか?」に
イメージを持つことができるようになるからです。
 
 
もともとは狙ってそうしていたわけではないのですが、
当ブログは連載が多いです。
 
 
小さい記事にするのが面倒なのと
一記事まとまったものを考えて、
それをわけたほうが楽だったからです。
 
 
1つテーマ考えて、それで10記事作れれば
その間次のことを考えることができます。
 
 
偶然であったのその結果、
「行動するほど興味を持った人」という
判断基準を見つけることができました。
 
 
例えば、カツオ漁って、一本釣りといって
一本の釣竿で一本カツオを釣りますね。
 
 
一記事ばかりのブログはそれをしているわけです。
 
 
カツオがかからなければそれで終わりです。
 
 
たまたま、かからなかったのか?
やり方が悪くてかからなかったのか?もわかりません。
 
 
読者情報を持っている一本釣り名人と少し違うと
海に糸をたらしているだけになってしまいます。
 
 
その一本釣りに対して連載記事は「アミ漁」です。
 
 
あなたは連載記事を書くことで
「アミ」を海に投げ込んだことになります。
 
 
読者情報が少ないあなたにとって、
意外なものがそのアミにはかかっているかもしれません。
 
 
例えば、イカを捕まえるつもりでアミを投げたのに
引き上げたらカメが入っているかもしれません。
 
 
その時に
「イカを捕まえるつもりだったのに」と悩みがちですが
「カメがかかっている」ことに注目してください。
 
 
その記事で「ある層」を掴んだことになるからです。
 
 
その出会いによる読者との関係を強めましょう。
 
 
というもののアミ漁にだけにするのも
あなたの書く選択肢を狭めてつらくなってきます。
 
 
なので、「一本釣り」「アミ漁」両方をしましょう。
 
 
それだけでなく
単発と連載を組合すことは、
とても効果のある方法です。
 
 
どちらかだけになると効果が低くなります。
 
 
どちらかだけではなく
あなたのブログでは
単発と連載の両方があるようにしましょう。
 
 
「行動するほど興味を持った人」は
必ずそのアミにかかります。
 
 
 
 
記事内容が良かったと思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を届けることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(毎日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。