新発想がわき出すデュアルディスプレイの置き方

新発想がわき出すデュアルディスプレイの置き方について
今回お話しします。
 
 
デュアルディスプレイとは、
ひとつのパソコンに
ふたつのディスプレイをつなぎ
表示することです。
 
 
使い方のコツは
右側、縦画面(メイン画面)
左側、横画面(サブ画面)にすると
文章が書きやすくなります。
 
 
2016041301Pic 

 
 
価格も下がっているので
デュアルディスプレイにするために
購入する場合もありますし、
 
 
古いディスプレイを
再活用するためも多いでしょう。
 
 
ですが、
せっかくデュアルディスプレイにしても
「あまり変わらない」と感想を持つ人も
少なくありません。
 
 
ところが実は、ほんのすこし工夫で
何倍もパソコンでの文章作成が
楽になるのです。
 
 
デュアルディスプレイを
使いやすくするポイントは
3つあります。
 
 
●メインは縦画面にする
●サブは横画面にする
●メインは正面、サブは正面の左にする
 
 
まず、
●メインは縦画面にする
 
 
サイトを見るときにも
横幅が決まっていることが
ほとんどです。
 
 
ですから、実際には
横画面といっても
使っていない部分が多くなります。
 
 
小さな画面が二つで
しかも、無駄な部分分
その画面が離れている。
 
 
だから、横画面のままだと
むしろ、余計なものが増えたように
感じます。
 
 
ところが、
縦画面にすると、
文章は横書きなので
行数が多くなります。
 
 
感覚的には縦は倍になり
横は目いっぱいになりますので、
レポート用紙に書いているといった
紙の感覚に近くなります。
 
 
もし1画面しか使っていないなら
試しに、それを縦画面にしてください。
 
 
全く、
パソコンで文章を書く感覚が変わります。
 
 
ブラウザを見る場合も
縦長のほうがたくさんをいっぺんに
見ることができるので見やすくなります。
 
 
したがって、
メイン画面は縦画面にすることを
おすすめします。
 
 
つぎに
●サブは横画面にする
 
 
最初、株トレード用に使っていたため
両方縦画面にしていました。
 
 
両方メイン画面の使い方を
していたのです。
 
 
それが、
文章を書くことに興味を持ち
画面の役割が変わり始めました。
 
 
両方メインから
片方メイン、片方サブの使い方に
変わっていきました。
 
 
例えば、マインドマップツールは
横長が使いやすいですし、
参考資料を並べるにも
横画面のほうが見やすいです。
 
 
つまり、メイン縦画面で作業を行い
サブ横画面は参照用にすると
とても楽に考えやすくなります。
 
 
最後に
●メインは正面、サブは正面の左にする
 
 
画面の位置は
メインは作業者から見て正面。
サブは正面の左に置くのが見やすいです。
 
 
私はサブを右を置いたり、
左に置いたりして試して
今、左にサブを置いています。
 
 
あなたの場合、違うかもしれませんので
サブを右に置くか、
左に置くかは試して決めてください。
 
 
「何がディスプレイの置き方だ」
 
 
そういうかもしれませんが、
パソコンは道具です。
 
 
使いにくくては
疲れ方も違いますし、
思考にも影響します。
 
 
特にディスプレイ、
キーボード、マウスには
こだわりを持ちましょう。
 
 
毎日ブログ更新ができるのも
この環境のおかげだと感じています。
 
 
もちろん、急いでやっつけで作っているので
完ぺきではありませんが、
それでも、毎日なにかしら発想がわくのは
この環境によるものです。
 
 
画面の置き方を変えるだけ!
 
 
たったそれだけで
文章の質が上がります。
 
 
やらないのは損ですよ。
 
 
 
 
記事内容が「よかった」と思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を知らせることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(1日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です