ネタを本屋から盗む二つの方法

■ネタは本屋に並んでいる

書くことがなければ
書くことはできない。

だから、
書くためには
ネタが必要。

といって、
家にこもって
考えていても
行き詰るばかりです。

そこで

「本屋で
ネタを仕入れるための
2つの方法」

について
お話しします。

■ネットネタだけでは先細る

現代はネット時代。

ポチポチすれば、
ネタになりそうなことが
見つかります。

ところが、
それが落とし穴。

検索しているようで
検索されるのがネットです。

ネットでネタを探す限りは
次第に先細りになり、

「前に見たなー」

ばかりになります。

なぜなら、
あなたを特定しようとするのが
ネットだからです。

どのページを見ても
同じ広告が
表示されることがあります。

あなたを特定して追いかけ、
今のあなたが興味を持っている
商品の広告を
何回も見せます。

広告だけでなく
検索ページも同じです。

検索結果は
「あなた好み」を優先して
表示されています。

ですから、

ネットでネタを
探し続ければ
続けるほど、

情報が「あなたの興味」だけに
絞られ、
「その他の情報」が
入手しにくくなるのです。

■「何か、ないかな?」で
本屋に行くと失敗する

本屋には
いろいろな本があります。

それは、
あなた以外の人も
お客であるからです。

つまり、あなたにとっての
「その他の情報」に
興味を持っている人が
いるということです。

あなたと意見が違う
内容もあります。

あなたが間違っていると思う
理屈の書かれた本もあります。

「本屋に行くと
いいネタ拾えるよ」

というのは、
あなたにとっての
「その他の情報」に
触れるために重要なのです。

そのことで、
意見を変えてもいいし、
自分が間違っていたことに
気づくかもしれません。

あるいは、

「オレのほうが、
いい事、言ってる」

と確信を深めるかも
しれません。

とにかく、
本屋のメリットは
情報の一覧に触れやすい。

しかし、ウォーキングがてら

「何か、ないかな?」

で本屋に行くと
あなたは必ず失敗します。

■なぜ、山ほど情報のある本屋で
ネタを探すのに失敗するのか?

人間は情報を選択します。

それは、すべての情報を
脳は処理することが
できないからです。

そのため、
優先順位をつけて
情報の一部分だけに
注目をすることしかできません。

では、
その優先順位とは何か?

それは、
あなたの問題意識です。

去年、私はヤフオクで
革ジャンを買いました。

その購入前には
ネットで色々調べたり
着用感レポートも
youtubeでさんざん見ました。

すると、
私が見るサイトには
すべてショットの革ジャン広告が
表示されます。

追いかけられているとわかっていても
その時は私の最優先事項だったので
安いショットの革ジャンがあれば
クリックして見てしまいました。

すると、さらに
ショットの革ジャンが
表示されるわけです。

興味があったというのも
ありますが、

その時期、
完全にショットの革ジャンに
意識は固定されてしまいました。

しかし、上着って
ショットの革ジャンだけでしょうか?

ツイードのジャケットもあるし、
トレンチコートもあるし、
ブルゾンもあるし、
ダウンジャケットもあるし、

革ジャンで言えば、
他のメーカーの
ルイスの革ジャンもあります。

私の問題意識に付け込んでくる
ネットマーケティングに

ネット上ではすっかり
「その他の上着」は
見えなくなってしまったのです。

それで、
リアル本屋の話に戻ります。

あなたの問題意識に
関連した情報しか見えない。

しかも、自分の問題意識に
気づいていない。

その状態で
本屋に行ったとしたら
どんなネタが拾えるでしょうか?

その答えは簡単です。

ネットでポチポチしたのと
同じネタしか拾えないでしょう。

例えば、

文章ブログをやっているとして
「何か面白いことないかな?」
で本屋に行ったとしたら、

文章の書き方の棚の前に立って
背表紙を見て
「次は、これで行こう」
ぐらいのものです。

それだったら、
アマゾンで「文章の書き方」を
キーワードにして
検索すれば事足ります。

タイトルが列挙されるので
2、3ページめくって
適当なものを拾えばいいでしょう。

確かに、ブログ開設当初は、
続けること、
他人のアイデアをパクるのが
重要ですからそれで十分です。

ですが、どうせやるなら、
本屋には、他の人が考えた
山ほどの情報があることに
注目してほしいのです。

つまり、
固定化された同じネタを
繰り返すのは
本屋の探し方としては失敗です。

そうではなく
あなたにとっての
「その他」を探すのが
ネタ探し成功の秘訣なのです。

これから、
「その他」探しのための
二つの方法について紹介します。

■フィーリングカップルを探せ

アイデアとは組み合わせです。

まず、一つ目の
「その他」探しの方法は

アイデアの組み合わせを探す、

です。

本屋でタイトルを見てください。

すべてAとBの組み合わせです。

例えば、有名コピーライターの
シュガーマンの書籍はこうです。

「10倍売る人の文章術」

これでいえば、

売る人+文章術

がアイデアになっています。

逆向きに言えば、
組み合わせるとは
細かく分けるのが
アイデアとも言えます。

つまり、「売る人」と
対象者を限定することで

対象者+文章術

として、ただの文章術より
専門的な文章術に
分けています。

いわゆる世間でいう
問題意識の「切り口」です。

どのような基準で
切り分けるのか?

そのことによって
アイデアについて
考察を深めることもできます。

というのも
文章術だけでは
不特定多数を対象にしていますので

一度文章術の話を
ブログに書いてしまえば
それ以降書けなくなってしまいます。

しかし、対象者+文章術
をアイデアのヒントとすれば

●10倍おいしく食べてもらいたい
料理人のための文章術

といくらでも
発展させることが出来ます。

この細分化の
組み合わせアイデアの注意点は

組み合わせアイデアを
盗む目的ですから

あなたが問題意識を持っている
分野以外も回って
見てみることが
「その他」を拾うために重要です。

このブログは
文章術について書いています。

ですから、
文章の書き方に
注目してしまうのですが

組み合わせを参考にするだけなら
スポーツのコーナーにも
政治経済にも、数学関連にも
何か転がっているかもしれません。

この前も雑誌を見ていたら
「マスク着用時のメイク術」
「ズームでの会話方法」
みたいな話題がありました。

商品としても
「換気が出来る暖房」
なんて開発販売されています。

いずれもコロナを
組み合わせの片方として、
自社製品に組み合わせて
アイデアを凝らしています。

どの分野も
組み合わせの試行錯誤を
しています。

その組み合わせの中から
本という商品になっているのですから
一定基準以上のアイデアであるのは
確かです。

組み合わせに注目して
本屋の中を歩いてみましょう。

■ナイフを持って本屋に行け

第二の方法は

「切り口を持って
本屋に行く」

です。

「何か、ないかな?」
では、ネット検索と同じ。

組み合わせをパクるのも
問題意識を細かく分けただけ。

バスケットのように
片方の足を同じ位置に置いたまま
動くようなものです。

新しいアイデアを探すという
目的からすれば、

言葉通り
足かせを履かされ、
新天地に移動するのが
不自由になります。

そこで、自分の足である
目的自体を
切ってしまいましょう。

つまり、別目的を持って
本屋に行くのです。

例えば、
アフィリエイトブログの
ネタを探したいのだけれど、

年代別の流行りを
調べに行くなどです。

これも先のアイデア通り

年代別+アフィリエイト

に最終的には集約していくのですが
アフィリエイトを忘れて
年代別のみに決めて
調べに行きます。

時々、私も大きめの本屋の
平台を見に行きます。

ついでに
売り上げランキングも見て、

「こんなの売れているのかー」

と思うのですが、

とても
トレンド調査は難しい
と感じます。

目の前に

「売れています」

とポップが掲げられていても
自分の興味のほうが
勝ってしまうからです。

いくら売れている、
つまり、
他の人が興味があるとはいえ、

私の問題意識の外のことは
認識しずらいです。

先ほどの言葉で言えば
「その他」ですから、
興味がないのです。

去年(2020年)は
「鬼滅の刃」の年でした。

(今は呪術廻戦?)

ですから、内容の傾向を見れば
何か面白いネタがあったはずです。

しかし、
全く興味を持てなかったので
無視してしまいました。

ところが、
年代別トレンドを調べる切り口が
あれば、タイトルぐらいは
入ってきます。

ネットで調べても
表示されないものを
タイトルだけでも知ることができる。

おそらく
「何か、ないかな?」だけだったら
その他として
認識できなかったはずです。

これって、自分のアイデアの限界を
突破する
きっかけになるかもしれません。

ですから、今日はこれ、
明日はこれと

調べるテーマを決めて
本屋に行くことをお勧めします。

どの分野も
読者の悩みごとは決まっています。

したがって、
書くことも決まっていきます。

ですから、
新しいアイデアと言っても
限定されていくでしょう。

しかし、限定された状況での
ネタを拾うポイントは
「アイデアは組み合わせである」
に注目することです。

ほんの少し、遊び心を持って
組み合わせを変えることが
ネタになるのです。

全集中ではダメです。

記事がよかったと思われたら
人気ブログランキングに
投票をお願いします。

あなたの投票でブログランキングから
多くの人に情報を届けることが出来ます。

投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

(1日1回投票出来ます。)

●コピーライター脳になりたいなら?

書籍「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」
寺本隆裕(著)

ちょっとした発想の転換が
あなたのホームページや
あなたのアフィリエイト文章を

自分本位から
読者視点に変えます。

読者のための文章を
書きたいのであれば
この本。

=>くわしくはこちら
書籍「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」
寺本隆裕(著)

(リンク先で章立てがわかります)

通常価格3,980円のところ、
期間限定で86%オフの550円(税抜)


■メールマガジン読者募集中

以下のリンクからご登録ください。
->メールマガジンへのお申し込みはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です