むずかしいことは書かない

何事も途中からむずかしくなります。
 
 
そんな時には
むずかしいことは書かない
わかりやすいところまで書きましょう。

 
 
そういうと
「そこが重要な場合は?」と
考えるかもしれません。
 
 
その場合は説明が楽なところまでに
結論を変えましょう。
 
 
理由は、二つあります。
 
 
まず、読者が理解できないこと。
そして、読者に説明できないからです。
 
 
ところで、
「むずかしい」とは何なのでしょうか?
 
 
複雑すぎて
その場で理解できる範囲を
超えてしまっていることでです。
 
 
つまり、説明する側にとっても
説明されている側にとっても
限界以上の情報を伝えようとしています。
 
 
たとえば、スマートフォンの料金体系を
説明するとしましょう。
 
 
あんな複雑な料金体系
一度聞いただけでわかるはずがありません。
 
 
では、実際の説明する店員はどうしているか?
 
 
行くと割引や意味だけ教えて、
後はシュミレーションしてしまいます。
 
 
顧客の使い道や家族構成を聞いて
料金の概算を見せるのです。
 
 
要は、いくらかかるかだけ
わかればいいので
それで十分ですよね。
 
 
「簡単にわかるように」説明するではなく、
「簡単なところだけ」説明すればいいのです。
 
 
このことから、
文章の重大な欠点がわかります。
 
 
文章の危険なところは
理解できる限界以上を書こうと思えば
できることです。
 
 
いくらでも複雑に書くことができます。
 
 
この欠点を克服するためには
書き手の想像力が必要になってきます。
 
 
もし、あなたの目の前に
事情を知らない人がいて、
その人に3分で説明するとしたら?
 
 
どんな言葉を使い、
どのぐらいの速さで話すでしょうか?
 
 
言葉数は文章に比べて半分以下、
使う言葉も日常会話で使われている中から
選ぶでしょう。
 
 
話が難しいとしたら
相手が聞き返してくるので
それに合わせて
ドンドン話もやさしくなります。
 
 
すると、
「むずかしい」そのものを伝えること自体、
あきらめざるを得なくなります。
 
 
最初に
「むずかしいことは書かない」といいました。
 
 
読者のことを思えば
「むずかしいことは書けない」のです。
 
 
読者に話すように書きましょう。
 
 
そうすれば、
文章はドンドンやさしく簡単になります。
 
 
 
 
記事内容がよかったと思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を知らせることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(毎日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。