やさしいこともむずかしいですよ

コピーライティングの
ノウハウもいろいろありますね。
 
 
わかったつもりで
やってみると
意外にむずかしいです。
 
 
どれもヒントにはなるかもしれませんが、
やはりやさしいことなんてないです。

 
 
よくあるのが穴埋め式です。
 
 
伏字のある文章があって、
そこに目的の言葉をいれます。
 
 
そうすると、一丁あがりです。
 
 
たしかに簡単ですよね。
 
 
しかし、どこでどの文例を使います?
 
 
ハズさず、ハメるのはむずかしいですね。
 
 
結局、どんなことしても
どこかで練習や訓練がいるし、
自分で判断ができなくてはなりません。
 
 
でも、
穴埋め式が悪いって
言ってるんじゃないんです。
 
 
思うに使い方が問題なのです。
 
 
そのノウハウを見てから
文章を書こうとするのか?
 
 
それとも
文章を書きながら
ノウハウを思い出すのか?の違いです。
 
 
ノウハウに合わせて
作ろうとすると変になります。
 
 
それは、あなたが
埋め合わせしようとするからです。
 
 
作っているときに
「そういえば、あれがあった」
それがノウハウの使い方です。
 
 
それには、訓練して
ノウハウから
あなたのHowにする必要があります。
 
 
やさしいこともむずかしいのですね。
 
 
 
 
記事内容がよかったと思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を知らせることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(毎日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。