話し言葉文章はセミナーをイメージして書く2~話を文章に録音する3

ビジネス書って、読みますか?
 
 
ビジネス書のいいところは
伝えたいことがあること。
 
 
読み終わったら
「著者はこれがいいたかったんだ」が
何かしらあります。
 
 
そのときに著者は本の中から
読者に話し言葉で説明してきます。
 
 
つまり、本を読んでいる間は
著者の声あるいは姿を再生してことになります。

 
 
だから、セミナーを受けている感覚をうけるのです。
 
 
セミナーというと会場ですが、
どちらかというとビジネス書の場合、
部屋の中でノウハウDVDを
1人で見ている感じです。
 
 
そこでの距離感を思い出すと
1対1ではあります。
 
 
しかし、
だからといって友達ではなく
あくまで、講師の話し方です。
 
 
文章を書く場合に
話し言葉を使うのはいいとして、
重要なのは、読者との距離感です。
 
 
あなたのキャラクターにもよるので
明確な定義はありませんが、
講師として説明する距離感を保ち
話しかけなければなりません。
 
 
 
 
 
 
記事内容がよかったと思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を知らせることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(毎日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。