まさか早口言葉文章?2~話を文章に録音する5

NHK19時のニュースを見てください。
 
 
どのぐらいのスピードで
アナウンサーは
原稿を読み上げているでしょうか?
 
 
注意深く聞いてみてください。
 
 
滑舌よく、ハッキリ話しているので
早く感じますが、
思ったほど早くありません。
 
 
フレーズとフレーズの間も
意外に間を取っています。
 
 
それはそうです。
 
 
NHKの19時のニュースといえば、
全国放送の看板番組であり
地方のボケ老人まで見ています。
 
 
早口で休みなくペラペラ話されたら
「わからない」といわれます。
 
 
同じように
もしあなたが早口文章を書けば
「わからない」といわれるでしょうか?
 
 
「わからない」なんていわれません。
 
 
すぐ読むのをやめて
どこかに行ってしまいます。
 
 
ヒドイといえばヒドイですが
それも当たり前といえば当たり前です。
 
 
逃がさないためにも
文章には心地よくて
わかりやすく感じるスピードが重要なのです。
 
 
では、文章のスピードを調整するには
どうすればいいのでしょうか?
 
 
それには3つの方法があります。
 
 
1.一行の文字数
2.改行
3.句読点、丸
 
 
つづきは次回!
 
 
 
 
記事内容がよかったと思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を知らせることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(毎日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。