コピー文章は長いほうがいいのか?短いほうがいいのか?

「コピー文章は長いほうがいいのか?
短いほうがいいのか?」
 
 
結論としては、短いほうがいいです。

 
 
というのも、顧客には時間もなく
あきやすく、読書力もないからです。
 
 
長文を書く場合にも、
短文がたくさん集まったものを
イメージしましょう。
 
 
一般向けは、途中に写真、
イラスト、動画、きれいなデザインが続き、
忘れたころにちょこっと文章が
あるぐらいです。
 
 
文章同士が離れているため、
通して読んでいる感覚はありません。
 
 
そのつど、説明があるイメージです。
 
 
何ページもスクロールしなければ
終わらないコピーの場合でも
短い1000~1200字ぐらいの
セクションが続くものが多いです。
 
 
つくりを見ると、
実質、小見出しなどを使って、
短い文章が
たくさん集められた構成になっています。
 
 
それでも集まれば長いとはなりますが、
通して読むというよりは
どこから読んでもいいようにされています。
 
 
最初の部分と、
あと顧客の興味のあるところを
読んでもらう狙いです。
 
 
ですので、長文コピーはそもそも
全部を読んでもらおうとは思って
書かれていません。
 
 
むしろ真剣に読むと
何回も同じ内容が少し形を変えて
出てきたりして、
「なんだこれ?」と思うところも多いです。
 
 
それも、通して全部は読まないことを
前提としているからです。
 
 
例えば、フェイスブックの場合、
3行100文字ぐらいが
一番読まれるといいます。
 
 
ですから、大まかな目安としては
そのぐらいの文章量のかたまりを
空白行を入れながら
、連ねていくことで読みやすくなります。
 
 
基本は短文。
 
 
それがたくさん集まって、
長文になると考えてください。
 
 
 
 
記事内容が「よかった」と思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を知らせることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(1日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。