あなたに味方はいない~味方集客から目的集客へ

あなたには味方はいません。
 
 
というより、味方集客を捨てて、
目的集客に考えを変えましょう。
 
 
もしかすると、
味方はいるのかもしれませんが
 
 
それでも、いないと考えたほうが
より多くの集客をすることが
できるのです。
 
 
「いやいや、友達もいるし、
家族も応援してくれるから
私には味方いるよ。
 
 
オマエにはいなくても」
 
 
確かに私は嫌われているので、
そう感じるのかもしれません。
 
 
しかし、味方がいると仮定して
何か物事が進むことがありますか?
 
 
味方ということは、
あなたに何かしたいと
待っている人たちです。
 
 
あなた自身もその人たちに
ひとつ何かすれば
ひとつ何か返ってくると
期待しています。
 
 
そして、実際に何かすれば
あなたと味方の間に
循環が起こるわけです。
 
 
予想通りです。
 
 
でも、この状態を外側から見てみると、
内輪だけでグルグル回っている状態だと
思えませんか?
 
 
というのも、
 
 
味方は、すでにファンになっている人が
スタートラインです。
 
 
つまり、「あなた」のすることなら
なんでもいいのです。
 
 
例えば、私はジョンレノンのファンですが、
いまだ何か発売されるというと
買う買わないは別にして
どんなものかと調べます。
 
 
ファンなんてそんなものです。
 
 
何でもいいのです。
 
 
だから、
内輪で回っているように感じます。
 
 
ですから
「味方」という考えに頼っている限り
外側に向かっていかないのです。
 
 
では、どのように考えを
変えればいいのか?
 
 
それは、「読者の目的」集客です。
 
 
私は感じ悪いとか、
気難しいとか、
わがままとかよくいわれます。
 
 
そんな私が
味方づくりを目的にするなんて、
無理があります。
 
 
しかし、読者の目的にフォーカスすれば
性格の悪い私でも
広い読者の役に立つことができます。
 
 
例えば、あなたが
アマチュア草野球チームの
ライトで8番の選手専門サイトを
作ったとします。
 
 
記事には心構えから
状況判断の仕方、
監督に見える方法、
技術についてもふんだんに
「なるほど、そうなのか!」と
思うことが書かれています。
 
 
そのとき、あなたのことを好き、
あるいは、嫌いが
読者にとって興味あることでしょうか?
 
 
あなたのプロフィールを見て
嫌いになったとしても
記事を読まなくなることはありません。
 
 
なぜなら、読者の目的は
「草野球チームのライトで8番選手」に
ついてだからです。
 
 
ブログを読んだからといって
私生活であなたと
ご近所づきあいするわけではないのです。
 
 
読者は自分の目的のために
読んでいる。
 
 
このポイントに注目すれば
読者の目的に
より重点を置く必要があるとわかります。
 
 
そして、読者の目的を重視することが
味方の壁の外側に情報を発信することにも
なります。
 
 
●あなたの味方になりたい人
 
 
●草野球チームのライトで
8番がうまくなりたい人
 
 
この2者でいえば、
「草野球チームのライトで
8番がうまく成りたい人」のほうが
「あなた」を無視していますので
より広い需要があります。
 
 
つまり、味方集客を重視すると
 
 
せっかく遠くに飛ばすことのできる
求められる情報であるにもかかわらず
 
 
「あなた自身」が高い壁となり、
大きな障害になってしまうのです。
 
 
ですから、順番としては
 
 
読者の目的をかなえる。
 
 
それで、その中から
あなたにシンパシー(共感)を
感じる人にファンになってもらう。
 
 
が正しい順番です。
 
 
あなた自身が障害になる
「味方になってもらう」集客から
「読者の目的をかなえる」集客に
変えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。