Web販売は先入観とのたたかい1

この頃、先入観について
考えるところがあって
よく実店舗に出かけています。
 
 
人間でもそうですが
第一印象が悪いと
いつまでもひきずってしまいます。
 
 
同じように、
コピーもその先入観づくりに
重要な役割を果たすのです。

 
 
この前、
アマゾンで評価の悪い本を
本屋で手に取って見たら
内容も面白く、いい本でした。
 
 
それだけだと、
「Webの顧客の評価なんて
当てにならないな」で
終わってしまうのですが、
 
 
その時、こんなことを思いました。
 
 
「もしかして、
先入観がジャマしているのかも?」
 
 
Web上の評価が悪くても
買ってしまうものもありますし、
評価そのものが原因では
ないのかもしれません。
 
 
その前に先入観があるのではないか?
 
 
でも、なぜこんなことが
起こるのでしょうか?
 
 
それは、WEB販売されているものは
実物を見ることができないからです。
 
 
いい意味においても
悪い意味においても
先入観という夢を見てしまうのです。
 
 
次回に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。