想定外の感情


 
 
私よくやってしまうことなのですが、
やりすぎたり、言い過ぎたりすることが多いです。
 
 
少し躁鬱の気があるようで上下の波がとてもあります。

 
 
気分がいいときはいいときで
やりすぎ、いいすぎ。
 
 
気分が悪いときは悪いときで
やりすぎ、いいすぎ。
 
 
なかなか程よくは出来ないものですが、
それにしても自分を制御できない場面が多いです。
 
 
そのときの違いというのは、
 
 
気分のいいときには相手を無視して
自分の気持を優先してやりたいことをやります。
 
 
「やっちゃえ!、やっちゃえ!」の気分です。
 
 
逆に言えば、相手に対して鈍感になるので
感じなくなります。
 
 
気分の悪いときには相手の言動に
過敏になり過剰防衛をします。
 
 
常に相手に「バカにされている」感覚を感じるのです。
 
 
その上下の全く違う感覚で
違う意味の「やりすぎ」をしてしまいます。
 
 
この前も、
とても躁状態の時にしたことで失敗しました。
 
 
とてもいい気分で、開放感を感じた気持のときでした。
 
 
その時、直近の目の前の悩みが一瞬消えて、
十戒で海の分かれる場面のように遠くが見えて、
少し古めの引っかかっていたことを思い出しました。
 
 
正直言って忘れていたことだったのですが、
その人の書いたあるキーワードを見て、とても感情が動きました。
 
 
(意識的に使ったのはわかったのですが、
それでもグラグラ揺り動かされました。)
 
 
躁状態で、前の引っかかっていることが見えて、
そこにターボがかかり、
気持がさらに上ぶれしています。
 
 
「やめたほうがいいかな?」と思いましたが
躁状態で上ぶれしているときに
リミッターなんか利きません。
 
 
それこそ「やっちゃえ!、やっちゃえ!」の気分で
久しぶりにケンカした相手に
メールを書いて送信キーを叩いてしまいました。
 
 
そうしたら、
相手も久しぶりに怒りが再燃したようです。
 
 
少し追っかけすぎてしまったようです。
まあしょうがないですね。
 
 
あなただったらどうしますか?
 
 
このように感情には波があって、
そのことで同じことでも違うように見えたり
行動したい衝動を感じることがあります。
 
 
ところで、そもそも感情とは何なのでしょうか。
次回につづきます。
 
 
記事内容が良かったと思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を届けることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。