失敗もメリット~記憶するのは正しいから?3

「何がメリットか?」
 
 
簡単に言えば、
やってみればわかります。
 
 
実は、失敗でさえも
メリットであるからです。

 
 
むずかしいのは
体験もせずにメリットを
「探そう」とすることでしょう。
 
 
といって、評価するには
ある程度の時間がかかります。
 
 
マニュアルに沿って
勉強する時間。
 
 
繰り返し訓練する時間。
 
 
2、3カ月はいいほうで
モノにするには
2、3年はかかります。
 
 
記憶の一番の目的は
危険察知のための記憶です。
 
 
「失敗した!」
 
 
その記憶は強烈です。
 
 
後で思い出すと
冷や汗をかいたり
独り言を言ってしまったり
するほど。
 
 
しかし、その失敗の体験を
重ね合わせることが
メリットを探すなのです。
 
 
誰でも危険を避けたいと
考えます。
 
 
失敗はイヤなのです。
 
 
あとに体験する人の
欲しい情報は失敗体験です。
 
 
似たような体験から得た失敗体験や
ネット上にある失敗体験を探して、
強調するメリットを
まとめてみましょう。
 
 
そのチェックリストと
照らし合わせて
メリットの強さを調べるのです。
 
 
先行者は失敗できることが
メリットです。
 
 
 
 
記事内容が「よかった」と思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を知らせることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(1日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。