お客もいそがしい3~PREP法の理由の並べ方7~みるみる論理的になるPREP法10~論理とは証明することです(13)

「儲けるのは簡単です。」
 
 
ある動画を見ていると
そんなことを話していました。
 
 
どういうこと?
 
 
不思議に思って見ていると
お客と話しながら欲しがっているもの
反応のいいものを商品にすると
売れるというのです。
 
 
つまりは、
「お客に欲望を聞いてしまう」なのです。

 
 
「誰に」「何を」「どうするか?」の
「誰に」を考える場合に
求める欲望からの視点が必要です。
 
 
ひとつ目は入り口の考え方でした。
 
 
例えば、
 
 
●アイデア
●知識(ノウハウ)
●トレーニング
 
 
など、
その結果を出すために必要なものです。
 
 
この時点では結果の設定は読者にあります。
 
 
しかし、いかなる結果を希望しようと
必ず必要なので、
誰にでも興味をもたれる話題です。
 
 
次に出口の考え方です。
 
 
例えば、ダイエットをしてやせた結果、
どうなりたいのか?
 
 
好かれたいのか?
健康になりたいのか?
美しくなりたいのか?
好きな服を買いたいのか?
など
 
 
もちろん、ひとつということはなく
出来れば全部なのですが、
どこ傾向が強い「誰」なのかを
設定する方法です。
 
 
それによって、
理由の並べ方がおのずの決まります。
 
 
 
 
記事内容が良かったと思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を届けることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(毎日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。