これから間違うことに挑戦する~試行錯誤のすすめ


 
 
もし間違ったことを書いてしまった場合、
過ぎたことに解決策はありません。

 
 
書いてしまったものは取り消すことが
出来ないのでそのままにするしかないのです。
 
 
それより、「これから間違う」ことについて
お話ししましょう。
 
 
「これから間違う?だったらやめれば?」
 
 
「間違い」という言葉は、実は間違っています。
 
 
なぜなら、それは成長の過程で
必ずあることだからです。
 
 
特に挑戦していることには絶対あります。
 
 
間違ったという切り口だけでみると
それで終わりになってしまいます。
 
 
そうではなく、成長過程(成功過程)としての
連続したものとして捕らえてみましょう。
 
 
だから、間違いは間違いではないのです。
 
 
例えば、今日はじめたことで
3年後までに変わらないことなどありません。
 
 
ずっと、勉強しては試し、
「うまくいったな」と思ったらそのまま伸ばします。
 
 
逆に「違ったな」と思ったら
また勉強して「試しなおし」ます。
 
 
つまり、試行錯誤とは、思考、方向、やり方を決める過程です。
 
 
(私は「試行錯誤」という言葉が好きです。)
 
 
そのすすんだ先から
今を見れば、つたないのは仕方がありません。
 
 
重要なのは、
すすんだ先から見ることが出来るように
今、実行することです。
 
 
つまり、私たちは変なことをしています。
 
 
それは、わかった上で
これから間違おうとしているのです。
 
 
しかし、今、実行しなければ
「進んだ先」の世界はありません。
 
 
「最初から大成功」、
「最初から大先生」
そんなことにあこがれます。
 
 
というのも、かっこよくいたいし、
失敗したら恥ずかしいし、
間違っているといわれれば頭にくるからです。
 
 
でも、私たちにできることは試行錯誤のみです。
 
 
これから間違うことに挑戦しましょう。
そして、先の世界から、今を見ましょう。
 
 
記事内容が良かったと思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を届けることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(毎日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。