思想膿漏~自分で考えて行動しているのだろうか?私たちは

「自分でアタマで考えろ!」
 
 
言われたことがありませんか?
 
 
頭来ますよね。
 
 
もしそんなことがあったら、
こう言い返してみてください。
 
 


 
 
「そう言う、オマエはどうなんだ!」
 
 
おそらく、その人はどこかで聞いたことを
準備していて話します。
 
 
そして、そのどこかで聞いただけの理屈なのに
あなたは言い返すこともできず
悔しい思いをするでしょう。
 
 
帰りの電車で窓の外を見ながら
やっと反論を思いつき
想像の中でかっこよく言い返します。
 
 
しかし、時すでに遅し。
 
 
想像の中で言い返すなんて
これほど情けなくかっこ悪いことはありません。
 
 
そんなことをしている自分に
余計に落ち込んだりします。
 
 
あなたも準備をしていなかったので、悪かったのです。
 
 
それだけ、考えることは難しいことです。
 
 
特にとっさに論理立てて
日頃のあなたの考えと統一の取れた意見を
いうことは難しいです。
 
 
難しいというと言葉が違うかもしれません。
 
 
考える機会がなく、訓練もしていませんでした。
 
 
だから難しく感じるのです。
 
 
普通は工場での機械のような繰り返す毎日をすごし、
なにかに反応するだけの生活を送っています。
 
 
慣れきった生活の中では、何も考えていません。
 
 
考えるとは、思うこととは違います。
 
 
ただ思い浮かべても、考えたことにはなりません。
 
 
考えたとは、論理を組み立てることです。
 
 
論理をもっとやさしく言えば
他人に自分の評価が説明できることです。
 
 
そのぐらい、論理がまとまっていることを
考えたと言います。
 
 
では、考えているか?を
知るにはどうすればいいのでしょうか?
 
 
それには、「文章を書く」ことです。
 
 
10行程度の文章でも
考えをまとめないと書くことは出来ませんので、
文章を書けたことを目安とするのがいいのです。
 
 
子供のときから
ずっと日記をつけている人
時々いますよね。
 
 
今さら思うと、日記には日々の記録の意味より
毎日、文章にするために考えることが
とても貴重な習慣だと思います。
 
 
私にとっては、
ブログがその日記代わりになっています。
 
 
テーマのあるブログですので、
日々あったことを書くことはありませんが、
その日その日考えたことから発想して
書いています。
 
 
「自分で考えろ!」とは、
全くオリジナルを考えることとは違います。
 
 
あるいは、自分だけで考えろということとも違います。
 
 
他人に説明できるぐらい
考えを整理しているかということなのです。
 
 
もし、考えを整理して
ブログにでもアウトプットしていけば
おのずと次にする行動も決まっていきます。
 
 
それはすべての論理は行動のためであるからです。
 
 
「自分で考えて行動しよう」とよく言われます。
 
 
しかし、それだけだと
歯槽膿漏でりんごを食べるようなものです。
 
 
「歯の浮くような」ってやつです。
 
 
本当は、
「自分で文章を書き、読んで行動しよう」です。
 
 
無料ブログやフェイスブックでも
書いたことを発表する場はたくさんあります。
 
 
そこに短くていいので毎日文章を書きましょう。
 
 
重要なポイントは
その文章ではかならずあなたの評価を入れてください。
 
 
「いい」とか「悪い」とか
「賛成」とか「反対」とかです。
 
 
すると、
どうしても文章の中に理由が必要になりますので、
いやでも論理文章になります。
 
 
発表してしまったら
その通り行動するしかありません。
 
 
だから、行動したいのにできないならば、
文章を書いて、行動してみましょう。
 
 
はやくしないと、思想膿漏は手遅れになります。
 
 
 
 
記事内容が良かったと思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を届けることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(毎日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

(現在のランキング順位が新しい画面で表示されます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。