オリジナリティとは有名になること

文章の作者の名前をふせて
誰が書いたかわかることはほとんどありません。
 
 
文章でのオリジナリティなんて
まず不可能です。
 
 
しかし、オリジナリティがあると
思わせる方法があります。
 
 
それは、有名になることです。

 
 
コピーにおいては
コピーライターの名前が前に出ることは
ほとんどありません。
 
 
だから、勉強したいとき苦労するんです。
 
 
同じ写すなら実績のある有名人の方が
いいでしょ?
 
 
明確に誰が書いたかわからないので
いいなと思ったコピーを写すとき
ためらいが出てきてしまい
気持ちが入りきれないときがあります。
 
 
では、文章においてのオリジナリティとは
何なのでしょうか?
 
 
唯一のオリジナリティとは
作者の名前が付いた文章です。
 
 
それ以外にはありません。
 
 
なぜなら、そうしないと区別がつかないからです。
 
 
ですので、文章で個性を出そうとすることは
無駄なことです。
 
 
個性があるから有名になると思いますが、
それは逆でどちらかというと
有名人になることのほうが
個性につながります。
 
 
今の私であれば、
あなたが私のブログ記事を
作者名を変えてまるごと書き写して
どこかに書いても誰にもわかりません。
 
 
ところが私が有名人だとしたら
瞬く間にあなたは盗作したと騒ぎになります。
 
 
例えば、小泉今日子作と銘打ってなければ
本(書評集)を見つけなかったでしょうし、
買いもしませんでした。
 
 
そして、やることはその文章を読んで
小泉今日子らしさを探そうとします。
 
 
つまり、
個性は読んだ人が勝手に探し出すものです。
 
 
ということは、
書き手から仕掛けることができません。
 
 
書き手はただ書けばいいのです。
 
 
その時その時の
アイデアを楽しんで書いていけば
そのうち有名人になるかもしれません。
 
 
その時に初めて
読者から「~っていいよね」とか
「~らしいよね」と言われます。
 
 
オリジナリティとは有名になることです。
 
 
 
 
 
 
記事内容がよかったと思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を知らせることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(毎日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。