毎日、読者の読みたいことを書くと、時々、自分の好きなことを書いてもイヤイヤ読んでくれる

基本、読者の読みたいことを書こうとしますが、
時々、ウケなくても書きたいことありますよね。
 
 
それもありますし、全部が全部、
読者のニーズに合うかもわかりません。
 
 
読者は「これいいじゃん」が
時々あれば続けて読んでくれます。
 
 
あなたは書きたいことを書いても大丈夫です。
 
 
むしろ、たまに書きたいことを書かないと
あなたの人格が伝わりません。
 
 
それで、人格を伝えた瞬間どうなるか?

 
 
結果、もっと読んでくれるかもしれませんし、
もう読まなくなるかもしれません。
 
 
しかし、あなたの書きたいことを書いて
読者の選別をする必要があるのです。
 
 
毎日、顔を見せると次第に顔なじみになる。
 
 
これは、心理学用語でザイオンス効果といいます。
 
 
接触頻度が高くなるにともなって、
親近感が向上する心理変化が起こります。
 
 
メールマガジンや毎日更新するブログは
この効果を狙っているわけです。
 
 
例えば、ユニクロなどは
毎日メールマガジン(メール広告?)を送信しています。
 
 
すると、時々「これ買ってみようかな」とか
「割り引きになったら買おう」とか
思うようになってくるんですね。
 
 
メールマガジンなんて
あちらにしてみれば郵送費用かかりませんし
こちらにしてみても時々買いたい情報があるので
実害もないし、解除せずそのままにしています。
 
 
この場合の商品は「服」なので
毎日広告メールを流すことで
ザイオンス効果を最大限に利用して
売り上げアップに貢献するでしょう。
 
 
しかし、商品が「情報」である場合、
「モノ」と違う商品情報を流す必要があるのです。
 
 
それは、発行者の人物像です。
 
 
言ってみれば、
その人の人格、思想、価値観、興味などです。
 
 
そうしなければ、
日めくりカレンダーのように
いいことばかり書かれている
ノウハウ集になってしまいます。
 
 
「ノウハウ集でいいんじゃなーい」
 
 
あら、あなたギター侍ファン?「残念!」
 
 
そんな神のお告げみたいな情報ばかりでは
顧客はつかず離れずになってしまいます。
 
 
つまり、「習慣として」
読んではもらえるかもしれませんが
何も感情が動かず、何もしません。
 
 
「読み捨て」です。
 
 
少し身近な例をあげると、
あなたは知り合いからのメールを
「読み捨て」しますか?
 
 
内容を読み、
返事しなければならないときにはするでしょう?
 
 
何もなくても「了解!」ぐらい送り返しますよね。
 
 
「了解!」で特に意見はなくても
「読んだよ」の意思表示ぐらいはするわけです。
 
 
それは、あなたが相手のことを
実在する現実ととらえているからです。
 
 
だからこそ、感情が動き
「返事をしよう」と行動します。
 
 
ユニクロの服もそうです。
 
 
店に行って、買うと手に入る現実情報として
広告も見ています。
 
 
ところが、情報の場合、
論理だけでは現実を感じることができません。
 
 
ですから、その論理を伝える発信者を
現実に感じてもらうことが重要になります。
 
 
有名人の発言には何かと反応あります。
 
 
それは、その人に現実を感じるからです。
 
 
半面、発信者の現実を伝えることで
より強烈な反応を引き起こしてしまう場合もあります。
 
 
それは、「こんなやつ、嫌い!」です。
 
 
人間なので好き嫌いはあります。
 
 
「嫌い」と言われるとショックがありますので
嫌われたくはありませんが、
はっきり意見を言うことで
離れていく人も出るでしょう。
 
 
しかし、逆にいうと、そのひとやま超えて、
「この人、こんなこと考えているんだ」と
興味を持ち、寄ってくる人も出てくるのです。
 
 
この二つに共通することは
着かず離れずではなく
意思を持って現実に対して
行動し始めたということです。
 
 
つまり、あなたが伝えたいことを書く場合には
読者を揺さぶる行動です。
 
 
揺さぶってしまうので、意図しなくても、
あなたのメールマガジンやブログ記事を
読みたいと行動する人だけに選別することを
うながします。
 
 
「読者に嫌われて、少なくしてどうするんだ?」
 
 
時々、離れる反応を見ることで、
本当のあなた自身のウケ具合がわかります。
 
 
毎日書いているとわからなくなってくるものですが、
考えを書くことでどのぐらい執着しているかが
わかるのです。
 
 
ただし、それには前提があって、
基本は読者のための記事が毎日あってのことです。
 
 
そのうえで、時々あなた自身をぶつけてみましょう。
 
 
もちろん、
無理に嫌われることを書く必要はありません。
 
 
ですが、書く場合には「思います」など書かず
白黒はっきりした意見を書いてみましょう。
 
 
ただ純粋に書きたいことを書きたいように
書いてみるのです。
 
 
 
 
 
 
記事内容がよかったと思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を知らせることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(毎日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。