他人向け日記の書き方

文章の質を高めるとは?とは
どういうことしょうか?
 
 
「質」という言葉を使うと
「高める」という縦方向のことではないかと
思い浮かべます。
 
 
実は「質とは横方向」のことです。

 
 
質は横方向に向かうことで
高まります。
 
 
その方向の目盛りがが
自分に向いていれば質は低く、
相手に向いていれば
それだけ質は高まるのです。
 
 
では、横方向とは
どういうことのなのか?
 
 
だいぶ前に日記ブログを
書いていたことがあります。
(現在ありません)
 
 
その時、考えていたのは
「日々考えたことを書けばいい」です。
 
 
ブログのログの部分である
「記録」だと思っていたのです。
(ブログはweb+logを略したものです。)
 
 
したがって、
ウェブ上で公開しているにもかかわらず
自分向け日記のつもりで書いていました。
 
 
完全に方向は自分に向いています。
 
 
その時に読者をどう思っていたかというと
人の日記を「盗み見」する人々です。
 
 
アクセスを見て
「なんでこんなの見るのかな?」と
思っていたぐらいです。
 
 
それでしばらくすると
おかしなことが起こりました。
 
 
前に書いた記事の内容を
書いた私自身が読んでも
わからなくなったのです。
 
 
書いたことを忘れてしまって
私は他人になってしまいました。
 
 
他人になって読んで
伝わってこないのであれば
意味がありません。
 
 
今思うと、それって
質の低い文章です。
 
 
例えば、
2016年2月14日に書いたのであれば、
その日、その場所、その状況の
私に向けてだけ書かれた文章です。
 
 
その文章がうまいとかヘタとかは関係ありません。
 
 
どんなに役に立つ情報が書かれていようと
関係ありません。
 
 
それはログ「記録」でしかないからです。
 
 
文章の発信している方向が
どこに向かっているかが問われるのです。
 
 
「でも、横方向って360度あるでしょ?」
 
 
その通りです。
 
 
どこかに向かって発信する必要があります。
 
 
発信する側からすると
ターゲットということになり想定読者です。
 
 
なのですが、その発信元意識も
すこし横方向に滑らせてほしいのです。
 
 
受信者意識にですね。
 
 
自分が誰なら読みたいか?
自分が誰ならうれしいか?
 
 
伝えるから受け取るに
意識を動かしてみてください。
 
 
文章の質は方向で決まります。
 
 
その横方向とは
発信者から受信者の間の目盛りを指します。
 
 
したがって、
受信者に向けて文章を書くとは
発信者から離れて
どれだけ受信者に向かって
横方向に動くことができるか?
 
 
それが、文章の質を高めるということなのです。
 
 
 
 
 
 
記事内容が「よかった」と思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を知らせることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(1日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。