「文章を書くのが面倒くさい」を解決する方法


 
 
電子書籍発刊のため
「ローソク足チャートで株価を分析する方法」
http://concept-trade.net/candlestick_chart/
下書き原稿を読んでいると
不思議なことに気が付きました。
 
 
それは、
非常に文章にムラがあるということです。

 
 
乗って書いているところと、
グダグダ迷いながら書いているところがあり、
とても文章のバランスが悪いのです。
 
 
それだけならまだしも
書かなくてはならないことが
すっぽり抜けているところもあります。
 
 
読むと一記事5~6分で読めるのですが
書くときには、最低でも5~6時間かかっています。
 
 
「効率悪いなー」
読み返すと何回も思います。
 
 
文章を書くときって悩みますね。
 
 
文章を書くときの悩みというと、
「何を」書くか?
「どう」書くか?
を思い浮かべます。
 
 
しかし、私の場合、
書き始める前に
「何を」「どう」書くかは準備しています。
 
 
結論は決めていて、書けばいいだけです。
 
 
それなのに、5~6時間かかっています。
 
 
それには、
別の原因があることが分かりました。
 
 
そのあまり表面に出てこない障害とは、
「書くのが面倒」ということです。
 
 
意外に気が付かないので
「書くのが面倒」と感じると、
「やる気」の問題ととらえられてしまいます。
 
 
「面倒」という気持ちのところで止まってしまうと
「やる気」の問題となってしまいますが、
その「面倒」の先には、原因があります。
 
 
「何が面倒か?」というと
「説明するのが」面倒なのです。
 
 
説明する「順番」を準備していなかったため
文章を書く時点で考えることになり、
それで、文章を書くのに時間がかかり、
面倒になるのです。
 
 
つまり、
書く前の準備が不足しているということです。
 
 
書きたいことの結論が
一行書いてあるメモだけを持って、
 
 
パソコンの前に座って、
テキストエディターを開き、
文章を書こうとするとき、
 
 
まず、あなたが考えるのは、
「どこから書いていくか?」ではないですか?
 
 
それでは、どうしても時間がかかります。
そして、面倒です。
その結果、疲れます。
疲れると「やる気」がなくなります。
 
 
「やる気」がなくなると
書きたくなくなります。
 
 
悪循環の始まりです。
 
 
文章の出来も
その日の調子によってムラが出来て、
文章のテンポが良くなったり悪くなったりします。
 
 
例え、「結論」を事前に準備しているとしても
そこにたどり着くまでの「過程」が
説明するためには必要です。
 
 
面倒の気持ちをなくすためには
パソコンの前では
出来るだけ考える時間を少なくすることです。
 
 
投稿記事のメモを作るとき
あなたは、箇条書きが多いでしょう。
 
 
それはいい事なのですが、
 
 
そのメモの内容を文章として書くために
「どのような説明が必要か?」、
それを「どの順序で書いていくのか?」も
文章を書く事前に準備することが必要です。
 
 
ほとんど頭の中で文章が出来上がっていて
パソコンの前では
それを書き写すだけの状態にすることです。
 
 
その状態でないので
「文章を書くのが面倒くさい。」のです。
 
 
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
 
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」して投票してください。

「「文章を書くのが面倒くさい」を解決する方法」への2件のフィードバック

  1. こんばんは!monです。

    文章を書くにあたっての注意事項、
    大変参考にさせていただきました。

    やはり頭で描くイメージをはっきり
    させていかないといけませんね。

    また遊びに伺います。
    応援ぽちっと。

  2. こんにちは浅葉です。
    文章を書くのには
    思った以上の準備が必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。