自分課題を見つけるトレーニング

「結果を出すためにどんな知識を必要か?」を
意識することで学習の効果が上がるといわれます。
 
 
しかしそれだけではなく
「課題を見つける学力」をつけることが
もっと重要です。
 
 


 
 
「結果を出すためにどんな知識を必要か?」とは、
結果から見て、必要な知識の範囲を決める方法です。
 
 
中には、書籍の中から
重要なことが書かれた1ページだけを切り取り、
後は捨てるという極端な人もいます。
 
 
すると、勉強したことが
そのまま使えることになりますので、
作業が早くなるし、やりがいも増します。
 
 
ところが、こればかりを続けると
勉強しなければならないことを
見逃すことになるのです。
 
 
それは「自分自身の課題」です。
 
 
考えてみると
一番の学習とは「確信」です。
 
 
「自分のしていることは結果につながる」
 
 
この確信に基づけば、何でも学習になります。
 
 
では、その「確信」を持つためには
どうすればいいのでしょうか?
 
 
それは、課題を見つけ、把握して、
対処している状態でいることです。
 
 
「自分の課題は何か?」
 
 
独り言で言葉に出しても
あれと、あれと、あれ、とは、
なかなか見えるところに出てきません。
 
 
意外に死角になっているので
なおざりにされている場合が多いのです。
 
 
なぜなら、
あなたの目指している結果によって
隠されていて認識することができないからです。
 
 
つまり、課題とは
あなたの目指している結果を忘れると
見つけることができます。
 
 
「目指している結果を忘れるって、どういうこと?」
 
 
それは「無駄」な知識を知ることです。
 
 
一案として、紙の新聞を見ましょう。
 
 
長くなりそうなので次回につづきます。
 
 
 
 
記事内容が良かったと思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を届けることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(毎日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

「自分課題を見つけるトレーニング」への2件のフィードバック

  1. 初めまして。
    ヤマダススムと申します。
    ランキングからこのページにたどり着きました。

    本日からコピーライティングの分野でランキングに参加することを決意したので、先日から拝見させて頂いているこのブログの浅葉様にご挨拶にきました。

    共に情報発信をする者同士として、ライティング技術やモチベーション等、多くの分野で高め合えたらと願っています。

    浅葉様はこの分野での大先輩ですし、私の身の回りにはライティングを学んでいる人間が一人もいませんので、ぜひ一度私のブログ訪れ、ダメ出ししてください(笑)

    また、本日の自分課題のブログ記事は、私にとってタイムリーな記事であり、次回の更新も楽しみにしています。
    応援ボタンも押しておきました!!

    それでは、長くなりましたが、失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。