文章がうますぎると嫌われる

「文章がうますぎると嫌われる」と
言われたら、どう思いますか?
 
 
私もうまくなろうと
一生懸命書いているのでガッカリです。
 
 
しかし、これは本当の話です。
 
 
というのも、文章がうますぎるとは、
セールスマンがとめどなく
スラスラと話しているのと同じだからです。
 
 
確かに、わかりやすく
読みやすいでしょう。
 
 
しかし、後で思い出したり
もう一回読みたい気持にはなりません。
 
 
「ああ、そういうことね」で終わりです。
 
 
うまい文章の基準を
滑らかな、流れるような話し運びから
記憶に残ることに変えましょう。
 
 
そのためには
伝えたいポイントを強調します。
 
 
強調すると全体のバランスがくずれ
いびつな文章になります。
 
 
そして、冷静な文章から
読み手の問題意識を
えぐり出す文章にしましょう。
 
 
すると、感情を揺さぶることになります。
 
 
ある程度、文章の基本がわかった後には
サラサラとした文章を嫌い、
ゴツゴツした文章を書きましょう。
 
 
 
 
記事内容が良かったと思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を届けることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(毎日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。