スキとキライの境目を探そう!

文章を書こうとすると
論理の整ったものをつくろうとします。
 
 
たしかにそれも重要ですが
スキか?キライか?で書いていけば
うまくいきます。

 
 
なぜなら、好きな理由、嫌いな理由は
整っているからです。
 
 
タマゴ料理というと
ゆで卵、タマゴ焼き、オムレツ、
カルボナーラなどいろいろあります。
 
 
しかし、同じタマゴだからといって
何でも好きかというと違います。
 
 
例えば、私は柔らかいタマゴ、嫌いです。
 
 
ゆで卵でいえば
温泉タマゴいやです。
 
 
中がグシャグシャしていて、
考えただけで気持ち悪くなります。
 
 
ですが、タマゴが嫌いなわけではなく
料理の出来上がりが嫌いなのです。
 
 
つまり、スキキライとは
対極するものではなく、
つながっています。
 
 
途中からスキからキライになったり、
キライからスキになります。
 
 
(無関心は意識に上がっていないことなので
ここでは除きます。)
 
 
論点とは、そのスキとキライの境目です。
 
 
理由もスキな理由であるし、
キライな理由です。
 
 
したがって、
どこまでスキなのか?
どこからキライなのか?を追及すれば、
 
 
つまり、「スキとキライの境目」を
見つけることができれば、
論点がハッキリするので
論理的な文章を書くことができます。
 
 
論理的な文章を書くには
「何が」スキなのか?の視点から
「どこまで」スキなのか?の視点に
変えて境目を探しましょう。
 
 
 
 
 
 
記事内容がよかったと思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を知らせることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(毎日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。