イン情報を賢く使う

情報教材、関連書籍
無料動画、
メールマガジン、
印刷したブログ記事。
 
 
勉強になると思って
集めまくったものの
実際にはおぼれてしまっている。
 
 
そんなことありませんか?
 
 
もしそうであるなら
やる気をなくす寸前の状態かもしれません。
 
 
今すぐ、いそいで、
イン情報を止めてください。
 
 
机を見ると資料が山積み。
 
 
その山の谷間で
肩身の狭い思いをして
キーボードを打っている。
 
 
これがイン情報過多状態です。
 
 
興味の力はとても強力です。
 
 
そのため手当たり次第に
集めることをしてしまいます。
 
 
ですが、そんな膨大な量の資料を
活用することなんてできません。
 
 
その証拠に
山積みの資料を読むことがありますか?
 
 
何がその山の中に積んであるかも
覚えていません。
 
 
もう上にはホコリがたまっていて、
触れることもないでしょう。
 
 
なぜこんなことが起こるのか?
 
 
それは資料を集めるのは
一番簡単なことだからです。
 
 
それで一番難しいことは何か?といえば、
資料を使うことです。
 
 
資料を見ながら文章を書くなんて
こんな面倒なことはありません。
 
 
結局、覚えている範囲のことだったり
勝手に考えたことを書いていきます。
 
 
だから、使わない資料が
山積みになってしまうのです。
 
 
そして、その資料は
あなたへの山積みにもなっていきます。
 
 
資料を活用できないこと
読んでいないこと、
勉強していないことが
重たーく、あなたにのしかかってくるのです。
 
 
その結果、重圧に耐えられなくなり
すべてを投げ出したくなります。
 
 
それはそうです。
 
 
口にトイを突っ込まれて
上から水を流し込まれている状態です。
 
 
飲みきれなくて
口の端から
水があふれてこぼれます。
 
 
「やめてくれ!」と叫んでも
水が止まることはありません。
 
 
「おかわりをどうぞ」
 
 
親切な給仕に
あとからあとから
水を注ぎこまれます。
 
 
こんな状態でやる気を保つことが
できるでしょうか?
 
 
最後には
「こんなのイヤだ」と爆発して
一巻のおわり。
 
 
体に巻いた爆弾のスイッチを押して
自爆です。
 
 
首だけがクルクルと宙に飛び上がります。
 
 
つまり、イン情報過多とは、
自ら自分を焼き尽くすことなのです。
 
 
最初は勢いよく燃えていても
こんなことをしていては
やがて、灰となります。
 
 
では、灰になる前に
どうすればいいのでしょうか?
 
 
それは、一旦
イン情報から逃げてください。
 
 
イン情報を止めることです。
 
 
蛇口を回して
水を止める勇気を持つのです。
 
 
まず捨てられるものは捨ててください。
 
 
つぎに残ったものも
すべて段ボールに入れてしまいます。
 
 
それで、1週間過ごしてください。
 
 
すると、足りないことだけがわかります。
 
 
ありすぎたことがわかります。
 
 
イン情報はそもそも灰ではなく
ダイヤモンドです。
 
 
イン情報はコントロールすることが
重要なのです。
 
 
焼死体になる前に
ダイヤモンドを
見つけください。
 
 
 
 
 
 
記事内容が「よかった」と思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を知らせることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(1日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。