テーマはあぶりださないと出てこない

「テーマって、大事だよな」
 
 
出来上がったものを見ると
どれでも「テーマ」があります。
 
 
なので、まずテーマありきで
作っていると考えがちです。
 
 
ですが、実は
テーマはあぶりだされるものなのです。

 
 
そして、
あぶりだされたテーマをもとに
細部は修正されていきます。
 
 
日々、生活していると
いろいろあります。
 
 
「部屋の掃除しなきゃ」とか
「パソコンの場所を変えよう」などです。
 
 
その時点でテーマと言われても
答えようがありません。
 
 
でも、気になっていることを
書きだしていくと
傾向があらわれはじめます。
 
 
それだけテーマとは
日常生活レベルでは
高すぎて見えないものなのです。
 
 
「高すぎて?」
 
 
そうです。
 
 
大きすぎてといってもいいです。
 
 
やっていることも小さいこと、
悩むのも細かいことですから。
 
 
だから見えないし、
答えることができません。
 
 
つまり、テーマは
自然に表れるものでなく
探す必要があるのです。
 
 
では、どうすると、探すことになるのか?
 
 
それは、「言葉にする」ことです。
 
 
ブログのためにメモを取っていて、
後でまとめてみると
その時期ごとにこだわっていることが
見えるときがあります。
 
 
別のことのアイデアなのに
なぜか関係しているのです。
 
 
仮にでもいいですので
それを一言で表してみると
テーマがあぶりだされてきます。
 
 
そして、今度は逆に
そのテーマの一言から見た
メモに視点が変わるのです。
 
 
散らばったメモではなく
「細部」になるわけです。
 
 
テーマは一番重要なのですが
とてもわかりづらいものです。
 
 
ですから、
テーマから考え始めようとすると
意外に時間がかかります。
 
 
全く別ことについて
考えたことでいいですので
少しメモを書きためて
そこからテーマをあぶりだすことを
してみましょう。
 
 
それでもわかりづらいものなので
テーマを表す一言も
変わるかもしれません。
 
 
そうなったら、テーマを変えて
全体と細部を見渡し
検証しましょう。
 
 
それは、
テーマがあぶりだせないのは
煮詰まっていないからです。
 
 
 
記事内容が「よかった」と思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を知らせることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(1日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です