3つのNOTとは?(1)

コピーライティングで
最初に学ぶ基本といえば?

それは
「3つのNOT」です。

●顧客は読まない(not read)
●顧客は信じない(not believe)
●顧客は行動しない(not act)

これは読者、顧客の
コピーの読むときの態度を
表しています。

それにしても
随分、ネガティブな表現だと
思いませんか?

もしかすると、
あなたの文章を
楽しみに待っている読者も
いるかもしれません。

でも、そんなことを思っていると
コピーを書くのが
うまくなりませんので、

「好きで広告を読む奴なんていない」

と思って書けよ!
という戒め(いましめ)なのです。

(ブログ記事なども同様です)

ところで、戒めは戒めとして、

この「3つのNOT」の秘密は
人間の情報処理の仕組み(認知心理)に
即しているところ。

ですから、
この3つを乗り越えるように
文章を書くと、
自然に自ら行動したくなります。

まず、先の3つのノットを
素直に表現にします。

●顧客は読んだ(read)
●顧客は信じた(believe)
●顧客は行動した(act)

つまり、人間は

興味ー>信用(理解、納得)ー>行動

の3段階の過程を順々に経て
行動するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。