時間とケンカしない

最近の悩みは、時間と気持ちが離れていることです。
 
 
それに対しての解決策は
「時間とケンカしない」です。
 
 

 
 
時間が足りないという感覚ではなく、
時間をかけられないことが
とてもストレスになっていることに気が付きました。
 
 
時間には限りがあり、
その中でスキマスキマを使って考えています。
 
 
もっと時間をかけたい。
でも、かけられない。
 
 
ジレンマです。
 
 
そのことにイライラしてくるのです。
 
 
よくビジネス関係で
時間を効率的に使う方法の話が出てくるのですが、
書いてあることはほとんどウソです。
 
 
初心者のあなたはだまされないでください。
 
 
「時間がかかるものは、かかります。」
 
 
例えば、
 
 
確かに工場での実作業効率化で言えば
それは当てはまります。
 
 
組み立ては「作業」ですので、
部品の置く位置やら
ラインの流れやら
いくらでも時間を短くする余地があります。
 
 
しかし、それは「カイゼン」です。
 
 
それに対して、「工場全体」や
その企業の「生産全体」を考えると
とても時間がかかります。
 
 
なぜなら、それらは「思考」の現れなので、
「カイハツ」だからです。
 
 
つまり、全体に行くにしたがって
「作業」から「思考」の割合が大きくなっていきます。
 
 
文章で言えば、
書くことが決まっていれば、
後は時間がかかりません。
 
 
ほとんどが「思考」であり、
それは「全体像」だからです。
 
 
なので、より広い範囲の全体を統括する
階層の頂点を「思考」すれば、その末端である
たくさんの文章を「作業」することが出来ます。
 
 
逆に言うと
「作業」レベルでは「カイゼン」出来ます。
 
 
ブラインドタイピングを習得するでもいいですし、
ビジネス書で見た時間短縮方法を
試してもいいでしょう。
 
 
ですが、「思考」は全体像の「カイハツ」なので
どうやっても時間がかかります。
 
 
では、どうやって時間のやりくりを
すればいいのでしょうか?
 
 
あなたの時間の家計は火の車でしょう?
 
 
その答えは
「思考」を「作業」として組み入れるです。
 
 
どういうことかというと
「時間稼ぎ」をします。
 
 
初心者の場合、
ブログを作るときに参考にして欲しいのですが
 
 
平行作業をすることで考えるところは考え、
アウトプットである記事投稿作業もするのです。
 
 
そのステップをお話します。
 
 
●1.最初に「全体思考1」を考えます。
 
 
●2-1.「全体思考1」を細かく分けた、
作業の「投稿記事1」をたくさん書いていきます。
 
 
●2-2.「投稿記事1」を書いている裏で
「全体思考2」を考えます。
 
 
それで、次回から「●2」を繰り返します。
 
 
ようは投稿記事の裏で、次の全体のことを
考えることになります。
 
 
すると、書くことがある状態が継続します。
 
 
途中、思いついたことを単発で入れてもいいですし、
この方法を使うと
「書くことがない」悩みはなくなります。
 
 
時間の使い方で重要なことは
時間の掛かることと
時間の掛からないことを分け、
組み合わせることです。
 
 
「書くことがない」悩みとは、
時間が掛かることも、時間の掛からないことも
いっぺんにしようとする
「時間とケンカする」ことなのです。
 
 
もう一度言いますが
「時間の掛かることは掛かります。」
それに対して
「時間を短縮できることもあります。」
 
 
ポイントは、その二つを組み合わせ
「時間をかせぐ」ことです。
 
 
なぜって?、
 
 
それは、
「時はカネなり」といいますよね。
 
 
記事内容が良かったと思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を届けることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(毎日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。