子供のかわりに夏休みの読書感想文を書くお父さんのあなたへ~感想文は物語に答えること

もうそろそろ、お子さんの夏休みも終わりです。
 
 
読書感想文の宿題でお悩みではないですか?
 
 
お子さんではなくて、やらされるあなたが。
 
 


 
 
ということで、今回は
小学生の子供の読書感想文の助っ人になる方法
いきましょう。
 
 
テレビで見たところ
イヤな宿題第一位は読書感想文だそうです。
 
 
本人がやらないならやらないで
ほっとけばいいと思いますが
親のほうがあせるらしいですね。
 
 
小学校の入学のときには
「おはじき」ひとつひとつにも名前を書き、
夏は暑くて、勉強できないから夏休みなのに
グーダラ子供の宿題の見張りまでやらされる。
 
 
どちらが学校に行っているのか
わからなくなります。
 
 
子供の身になってみると
強制的に読書感想文を書かされたことが
トラウマとなって
本離れが多くなっているのではないでしょうか?
 
 
本を読む
=見張られる×せかされる
×どやされる×感想を持たされる
 
 
つまり、「本を読む=やらされる」
「文を書く=やらされる」の
連立方程式の「させられるの苦痛」しかありません。
 
 
この方程式が
強烈な「夏休み感想文」となってしまうのです。
 
 
しかし、この機会に
「意外に、本読むの面白い」と思わせれば
本好きにもなりますし、
読書感想文を書くことで文章を書くことに
目覚めるかもしれません。
 
 
あなたのお子さんが
夏休みを境にノーベル文学賞作家になるかもしれないのです。
 
 
では、3ステップに分けて
あなたが子供の助っ人になる方法をお話します。
 
 
そのステップは
●ステップ1.準備
●ステップ2.対話
●ステップ3.読書感想文作成
です。
 
 
●ステップ1.準備
 
 
宿題がわかっているのなら
「最初に用意しとけ」なのですが、
 
 
本が決まっていなければ、
子供と本屋(or古本屋、図書館)に見に行って、
字が大きくて、薄めのもので
傾向の違う3~5冊購入します。
 
 
注意点として、子供は大人と違い
我慢して集中なんて出来ません。
 
 
興味がないものは1ページも読みません。
 
 
1冊だけだと興味がなくなったとき
また、買いなおしに行くはめになります。
 
 
なので、何冊か「滑り止め」を買っておきます。
 
 
最初にあなたがあらすじ程度
パパっと本を読みます。
(本当なら夏休みはじめに読むといいです。)
 
 
それから、お子さんの興味に合わせて
少しアレンジしてあらすじを話してしまいます。
 
 
子供の反応をみて
候補の中から興味を持った本を決定します。
 
 
 
 
●ステップ2.対話
 
 
ステップ1で選んだ本の中の
お子さんが興味を持った部分の
5ページぐらいを読ませます。
 
 
それで、話をしましょう。
 
 
聞くポイントは
「登場人物とお子さんの共通点、相違点」です。
 
 
つまり、
「他人の立場に立つと、どのように世界は見えるか?」
です。
 
 
結果得られる感想は
お子さんの個性によって様々になります。
 
 
それが、「感想文の軸」になります。
(「感想文の軸」を
「先生にうける」にはしないように!)
 
 
話すときに絶対してはいけない質問は
「どうだった?」です。
 
 
それをすると、
「楽しかったー」
「面白かったー」だけしか
返ってきません。
 
 
なぜなら、傍観者としての視点しか質問していないので
お子さんにとって、
「自分には関係ない」感想しかもてません。
 
 
お子さん自身の体験にするには
物語と関わりを持たせることです。
 
 
つまり、共通点、相違点から、
物語との関係を作ります。
 
 
その時に一番基本となる感情である
「好き」「嫌い」から広げていきます。
 
 
例えば、質問としては、
 
 
「どの登場人物好きだった?、きらいだった?」
「その好きだった(嫌いだった)登場人物は
どうなったら嫌い(好き)になれる?」
「その好きだった(嫌いだった)登場人物と
君は似てる?似てない?」
「何をいいと思って、それをしたのか?
何を悪いと思って、それをしなかったのか?」
「悪いと思っているのに、したのはどうして?」
「正しいと思っているのに、しなかったのはどうして?」
 
 
などです。
 
 
関連して「どういうところが?」と
話を広げていきましょう。
 
 
最終的は
 
 
「このとき君だったらどうする?」
「なぜ君だったらそうしたのに、
その登場人物はそうしなかったのか?」
「なぜ登場人物はそうしたのに、
君はそうしなかったのか?」と
 
 
登場人物とお子さんの間を
空想させながら行き来させます。
 
 
問い詰めると、苦し紛れに
どこかで聞いた模範解答しか答えません。
 
 
自由な雰囲気で、
登場人物とお子さんの間を
行き来させましょう。
 
 
 
 
●ステップ3.読書感想文作成
 
 
ステップ2のお子さんとの対話で
一番盛り上がった質問を中心に感想文を書きます。
 
 
5ページしか読んでいませんが
この場に及んで全部読むなんてしていると
書けなくなるので、まあいいでしょう。
 
 
もしかすると、ステップ2での対話で興味を持ち
最初から読み始めるかもしれません。
 
 
それならそれでいいです。
 
 
しかし、感想文を期限に間に合わせることが
重要ですので、並行してやらせます。
 
 
書き方としては、
あなたの質問と、お子さんの答えをならべます。
 
 
そして、結論の質問を
「登場人物と私(子供)は同じだから、どうなのか?」
「登場人物と私(子供)は違うから、どうなのか?」
のどちらかにします。
 
 
それで、結論は答えとして
「~するのがいいと考えた」にします。
あるいは、「~するのがいいことです。」と
言い切ってください。
 
 
必ず、どうすればいいか?を結論としてください。
そうしないと、お子さんの意見にならないからです。
 
 
答えにはお子さんの悩みやコンプレックス
あこがれ、倫理観など
自分と重ねてみた「答え」が現れます。
 
 
読書感想文とは、
物語に対して「答える」ことです。
 
 
お子さんは自分と重ねることで
物語と関係を持つことができ
物語が問いかける「質問」に
「答える」ことができるようになります。
 
 
だから、私たちも同じ本を何回か読むたびに
「感想」や「視点」が変わるのです。
 
 
それは重ねあわす自分が変わるため
読み取る「質問」が変わるからです。
 
 
それに対する「答え」も
小学生のときのあなたと
50のあなたでは違ってきます。
 
 
それとも、
「面白かったー。」
「楽しかったー。」で同じですか?
 
 
だとしたら、あなたも小学生に戻り
夏休みの宿題で読書感想文を書きましょう。
 
 
記事内容が良かったと思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を届けることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(毎日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。