何時代の話してる?~あなた昭和臭がくさくて迷惑

「おしゃれ着洗いの洗剤って、77円ぐらい?」
 
 
この前、妻にそう聞くと
 
 
「何時代の話してる?何でも上がってるんだから、
それじゃ買えないよ」と言われました。
 
 
スーパーに行ったときに見たら
180円ぐらいでした。
 
 
感覚って、恐ろしいですね。
 
 
「こうだ」と思うと、そのまま固定してしまいます。
 
 
一方、常識は固定されることはありません。
 
 
常識の「常」は
常に動いている知識の意味に思えます。
 
 
そのままでいるとドンドンずれてしまいますので
だから、年取るとバカにされるわけです。
 
 
例えば、江戸時代に行けば
言葉から常識から全然違います。
 
 
そこまで行かなくても10年もすると
「古いなー」と思いますよね。
 
 
ですが、共通していることがあります。
 
 
それは、その時代の大切にされていること
重要だと思われていることが常識になっているのです。
 
 
この前、テレビを見ていたら
「藤田ニコル」さんが出ていました。
 
 
藤田ニコルさんとは、10代の人気あるモデルです。
 
 
使われ方は、テレビを見ている層、
つまり、オバサン、オジサンとの
感覚の違いを対比する存在としてです。
 
 
最初は視聴者にあわせて
オバサンタレントの常識を基準として
バカにされていました。
 
 
それが、スマートフォンの使い方になったら
「それは長押ししすぎなんですよ」と
サラッと教えていました。
 
 
私がこういうとあなたは、
「スマートフォンの使い方なんか
知っていてもしょうがない」と
思うかもしれません。
 
 
それが私たちの常識だったからです。
 
 
しかし、現実には
藤田ニコルさんに現代に生きるための
重要なことを教えてもらっています。
 
 
教えてもらっているのに
その横柄な態度は私たちの常識に反します。
 
 
新しい常識を前に
自分たちの常識でさえも否定してしまう
執着と化しているのです。
 
 
テレビを見るときには、
若い世代が何を言っているのか?
何を基準にしているのか?
興味を持ちましょう。
 
 
オススメは自分を一切挟まず聞くことです。
 
 
「正しいか?」という基準で評価しながら
聞くのではなく、
「何に興味があるのか?」に興味を持ちましょう。
 
 
しばらくしたら藤田ニコルさんの下の世代が
テレビに出るようになります。
 
 
そのときにはまた黙って聞いてみます。
 
 
私たちは昭和臭がします。
加齢臭もします。
それは腐った死臭です。
 
 
そんな自分にたまにファブリーズをしましょう。
 
 
それは、動く常識に興味を持つことです。
 
 
記事内容が良かったと思われたら、
あなたの投票で
たくさんの人にこの記事を届けることが
出来ますので、
 
 
人気ブログランキングに
投票をお願いします。
(毎日1回投票出来ます。)
 
 
投票方法は、
以下の「人気ブログランキングアイコン」を
「クリック」してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。